2022年06月29日

お箏の練習が楽しい

先日は先生の蔵のお稽古場での箏曲の練習日でした。

また、自分の好きな曲「夕顔」を完璧に

弾けるようになるために過去も含めて

今回で3回目の練習である。


 早速我が家の洋間で練習をしています。

ゆっくり後押しの注意と裏声でアオリが歌えません。

でも頑張る👊✨しかありません。


地歌のない箏の独奏曲より地歌入りの筝曲は

味わいがあって凄くいい。


地歌+箏はまさに日本の文化である。


Image6.jpg

Image7.jpg

KIMG4791.JPGKIMG4792.JPG


🎥【筝曲】末の契り・歌詞付き(筝曲宮城会秋田)




🎥【筝曲】胡弓と箏本手と替手で奏でる「春の夜」
(箏曲宮城会秋田)




🎥【筝曲】道灌・新元号を記念して(筝曲宮城会秋田)



🎥【筝曲】さしそう光(筝曲宮城会秋田)



🎥【筝曲】落葉の踊り(1985年10月秋田県芸術祭・筝曲宮城会秋田)



🎥【筝曲】八段の調べ・八橋検校作曲〜美人画と共に〜



🎥【箏曲と日本舞踊】千鳥の曲に合わせて三人舞( 藤間流)
posted by CAMくん at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 箏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月25日

家内、長男嫁と長女から父の日プレゼントが届く

先日は父の日でした。

家族の皆からたくさんのプレゼントん頂きました。

嬉しい🎵😍🎵

家内、長男嫁、長女からでした。

美味しい冷酒とスマート・ウォッチでした。

毎年嫁と長女から何かもらいます。

KIMG1339.JPG

KIMG1344.JPG

KIMG1340.JPG


福島に一年と八ヶ月は働いていたときは

本当にうれしかったなあー

涙ができそうだった。

 
 後ワラビ、タケノコご近所さんから頂きました。

タケノコはこれからですね。


ワラビは大森町武道地区で採って来たと言っていました。


KIMG1343.JPG

KIMG1342.JPG


🎥我が家のワラビの作り方(あく抜き)



































posted by CAMくん at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 大好きな家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月20日

11年ぶりに美しい街並み小坂町へ

明治から小坂鉱山として栄え明治百年通りには

康楽館や小坂鉱山事務所などのレトロモダンな

明治の美しい街並みの景観がある。


2年ぶりに開催した「小坂町アカシアまつり」の

様子を動画にしました。

 11年前に一度家内と訪れています。

今回も家内と訪れました。

今回は秋田県警音楽隊のコンサートを聴くことが

出来ました。

🎥【秋田県警音楽隊】フィンガー5・日本の演歌メドレー
 (小坂町アカシアまつり)




それと小坂鉱山事務所の中も見学することが

出来ました。これからは家内と二人の想い出を


どんどん作っていきたいと思います。
DSC_0410.JPG

DSC_0372.JPG

DSC_0374.JPG

DSC_0379.JPG

DSC_0371.JPG

DSC_0411.JPG

KIMG1295.JPG

🎥【アカシアまつり】美しい街並み小坂町
 (アカシアまつり物語)



🎥11年前の動画です。
【アカシア祭り】鉱山の街並みがアカシアの花で覆われた
       (秋田県小坂町)




日本の自衛隊員ご苦労様です。

いつも日本の災害時や防衛のため

働いていてくれてありがとうございました。


 東日本大震災では一緒に働いていくれて、

一緒に涙を流しました。

ありがとうございました。
 

これからも日本のため頑張って下さい。


DSC_0419.JPG

DSC_0421.JPG






















posted by CAMくん at 08:18| Comment(1) | TrackBack(0) | お祭り・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月14日

13絃2面と17絃1面を頂いた

お筝13絃2面と17絃1面を某師範代からもう高齢で

使わないと言う事で頂いた。嬉しい😃🎶


 17絃はいわゆるベースの役割を果たす和楽器だ。

若い頃から憧れていた。


これから調整をして一生懸命練習したい。

我が家の一階居間で13絃の練習をし

二階スタジオでは17絃の練習です。頑張るぞ👊✨

Image3.jpg

Image2.jpg

Image4.jpg

Image1.jpg

KIMG1246.JPG

KIMG1235.JPG

KIMG1234.JPG

KIMG1244.JPG

KIMG1236.JPG

KIMG1248.JPG

KIMG1247.JPG


🎥【筝曲】落葉の踊り
(1985年10月秋田県芸術祭・筝曲宮城会秋田))




🎥【筝曲】薫る花(湯沢市生田流正派邦楽会わかば会)



🎥【筝曲】頌歌 「雪月花」生田流正派邦楽会 わかば会
(湯沢市月イチ♪コンサート))




🎥【筝曲】六段の調べ・生田流正派邦楽会 わかば会
 (Traditional Japanese music container performance)




 ※今年は3年ぶりに湯沢市七夕絵どうろうまつりが

8月に開催されるという。

でも今年はどうしても絵どうろうは残念ながら描けない。

🎥【七夕絵どうろうまつり】
  夜に浮かび上がる美人画が素晴らしい



FB_IMG_1639795834874.jpg

DSC_0616.JPG

KIMG0293.JPG

IMG_20200410_082441_372.jpg


頂いた2面の13絃も音の響きは非常に素晴らしい。

木目も綺麗だ。1面は、まだ新し感がある。

13絃は全部で5面持っているが本当に使えるのは3面のみ。


 取り敢えず平調子と古今調子にする。

初心に返って「六段の調べ」と「千鳥の曲」を弾く。

これを聴いていた家内は「やってみようかな」だって。

確かに結婚した当初は一緒に習っていた時期もあった。

一応家内はその時宮城会から初伝を頂いている。


 何か仕事に追われる毎日でしたが、

これを機会にどんどん筝の魅力に惹かれていく

自分を感じる。


どうしても今までは長いブランクを取り戻そうと、

ひたすら基本を忠実に古曲や宮城曲だけの練習でしたが、

これからはジャンルにとらわれずにポップスや

ジャズにも挑戦したいと思っている。

🎥【筝曲】魅惑の箏合奏・箏で映画音楽を弾く
 (シバの女王・ある愛の詩)


 
 

家内が地歌、日本舞踊から今度三味線を

習うみたいです。続けられるでしょうか❓

 
 梅屋さんでの調整を参考にします。

Image5.jpg

🎥【岡本新内】次の世代へ・・・(岡本新内伝承会より)





posted by CAMくん at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 箏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

心霊スポット「八人塚」

東由利町と雄物川町の境になっている雑木林の中に

ひっそりと2つの石碑がある。

一つは「忠節八人怩フ碑」といって

文政9年(1822年)建立したものだ。


もう1つは「八人塚」昭和22年に大日向家の

ゆかりの人達が8人の冥福を祈り建立した。



 この八人怩ヘ、日向の国(宮崎県)延岡の城主、堀内和泉守が

戦に敗れたすえ、羽後町と雄物川町に住むようになった。

武士を捨て百姓として生活し、それからしばらくして

和泉守を見つけた家来達が、城の再興を頼むが主君は、

「争いごとに疲れた」と日向に帰ろうとしなかった。


主君に断られた家来達はその後諦め帰ろうとしたが、

小高い丘の上に来たとき、思いあまり切腹してしまった。


和泉守がかけつけたときには皆息絶えていて、

嘆き悲しんだのである。


その8人を慰めようとたてたのが八人怩ナ、

今でも毎年5月5日に、その一族の子孫たちが


この場所に供養に訪れます。


KIMG1206.JPG

KIMG1197.JPG

KIMG1214.JPG

KIMG1205.JPG

KIMG1215.JPG

KIMG1216.JPG

KIMG1217.JPG

KIMG1209.JPG

KIMG1208.JPG

KIMG1222.JPG


🎥【心霊スポット】八人塚
 (帰らぬ城主を追って家来たちが切腹した)

















posted by CAMくん at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 心霊スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

仕事した後の家内の作った「ワラビたたき」が美味しい

先日からずっと15町(東京ドーム3個分)の田んぼの

田植え作業をしています。軽トラに苗を積む作業は

結構ハードです。


 でも、屋根の雪おろし作業と同じで体が

慣れて来るんですよね。

8日で仕上げました。


ハードの仕事した後の家内の作ったワラビたたきは

何て美味しんだらう。

生きている幸せを感じる。

 中日は横手市は30°を越える暑い一日でした。

生ビールもさぞかし美味しいでしょうね。


残念ながら、これからまた夜の仕事があり、

アルコールは飲めませんでした。


Image1.jpg

KIMG2119.JPG

KIMG2121.JPG

Image2.jpg

Image1.jpg






















posted by CAMくん at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月26日

初めて我が家の庭に菜園を

posted by CAMくん at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月23日

毎日仕事前に2種類のプロテインを飲む

毎日二種類のプロティンを仕事前に飲んでいる。

毎日全てが力の入る肉体労働だ。

筋肉の老化は防ぎ様もない。

腕、胸、腿、腹の筋肉は確保したい
 

 そして今まで年齢と共に髪の毛が細くなって来ているので

数多くの育毛剤や発毛剤を使ったが効果なし。


 しかし、このプロテインには多くのアミノ酸や

男性ホルモンが配合されているから薄い髪や細い髪、

抜け毛もなくなっていくような気がする。


 もちろん筋肉も強化されます。

疲労感、筋肉痛の回復も早いようです。


せめてポッコリお腹は避け下記のようなボディに

挑戦し維持していきたい。



Image3.jpg

Image2.jpg

Image1.jpg

Image4.jpg


🎥【プロティン筋トレ】65歳がビルドマッスルを飲んで
  一週間に3回の筋トレ、その結果は






















posted by CAMくん at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月17日

巨人軍大投手「ヴィクトル・スタルヒン」の墓

ひっそりと眠る巨人軍大投手「ヴィクトル・スタルヒン」の墓は

雄物川町宗念寺にある。


今も参拝に多くの人が訪れます。

あの「大谷 翔平」や「菊池 雄星」なども参拝したとか。



昭和期前半の日本プロ野球選手(投手)。ロシア帝国生まれ、

北海道育ち。昭和9年、結成されたばかりの

大日本野球倶楽部(巨人軍の前身)に入団したスタルヒン。


その生涯記録は586試合で303勝176敗(完投350・完封83)奪三振1960。

なかでも完封83という大記録はいまだに破られていません。


そんな大投手を陰から支えたのが、昭和25年に

再婚した妻の久仁恵さん。


この方が、雄物川町今宿の崇念寺住職・高橋大我さんの

お姉さんであることから、スタルヒンは妻とともに

この地に永眠することになったのです。


現在の墓は、平成元年1月、スタルヒン33回忌の

命日に娘のナターシャさんが建立したものです。


先日は、ここの清掃を依頼されました。合掌。


※ここ宗念寺はかつて自分が通った保育園でもありました。

今の住職のお父様が住職だった頃は奥様(ロシア人)は

外に出て毎日ロッキングチェアに座ってロシア方面を

見ていました。自分は子ども心にも、

こんな奥様を陰から覗いていた事を鮮明に思い出します。


そして今の住職も含めてロシア顔で超美人なお姉さまと

妹様がいた事は知っていましたし、見た事もあります。


KIMG2104.JPG

スタルヒン1.jpg

スタルヒン2.jpg

KIMG2105.JPG

KIMG2103.JPG

KIMG2102.JPG






posted by CAMくん at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

優しい娘から母の日プレゼント

娘から母の日のプレゼントHealth×Sweetsが贈られて来ました。

美味しい


 午後から、また家内と二人でワラビ採り、

行く先々がワラビの宝庫僅か1時間足らずで

こんなに採りました。


先日秋田免許センターで更新があります。

秋田へ行ったついでに2件の親戚にワラビを持って行きます。


横手ではワラビがドンドン出てきていますよ。

Image1.jpg


Image3.jpg


Image2.jpg


Image4.jpg

Image5.jpg


🎥我が家のワラビの作り方(あく抜き)









posted by CAMくん at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大好きな家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事