2018年04月25日

昭和6年秋田縣立大曲高等女學校(現大曲高等学校)

母(享年102歳)の卒業アルバムを

見つけた

昭和6年度秋田縣立大曲女學校1.jpg

昭和6年度秋田縣立大曲女學校2.jpg

昭和6年度秋田縣立大曲女學校3.jpg

昭和6年度秋田縣立大曲女學校4.jpg

昭和6年度秋田縣立大曲女學校5.jpg

昭和6年度秋田縣立大曲女學校6.jpg

昭和6年度秋田縣立大曲女學校7.jpg


母はこの学校を卒業と同時に、この学校の校長先生の仲人で

父と結婚した 当時大曲と言えば大都会に分類されよう


この都会から平鹿町浅舞の下高口に嫁いで来ることは

あまりの田舎で驚嘆することばかりだったと聞く


とにかく林の中の小さな部落で、人力車で


降り立った母の前には多くの人だかり、ふんどし姿の男性や

上半身裸の女性たちや

全裸で走り回っている子どもたちが、物珍しそうに母を

見に来たそうです


その後は小野家という大家族と接する事となる

姑や小姑を含め、父の兄弟も入れてざっと9名


そしてその甥っ子までいた

これだけで母の辛く苦労の連続の人生がわかります


どれだけの苦労かは小さいボクには、当時

理解していなかった


その後102歳まで生きた母の人生がここにあった

続く



















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【母-3】★税込・送料込(母の日専用 花&かまぼこセット)
価格:5750円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)










posted by CAMくん at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セクハラ「はめられた」発言の真相

麻生氏は会見で「セクハラ疑惑は少なくとも

週刊誌報道だけで”あった”と認定するのは

いかがなものか」と強調した


そのうえで「はめられて訴えられている」との

意見もあると指摘し、

「きちんと人権も考えて、双方の話を


聞かないと」と続けた





確かに被害者のその女性が全面に出ることなく

週刊誌報道と朝日からだけの訴えで


この福田財務次官のセクハラは認定されて

よいものかはなはだ疑問だ


不可解な事が多い


一つは何度もセクハラを受けているのに

深夜に呼ばれて何度も一対一の席で会っている



朝日の上層部(女性)に相談していたのに


変えることなく、その後もこの財務次官の

取材をさせていた


何故、朝日で対処せず週刊新潮に

売ったんだろうか


まず、この3点についての

朝日側の説明がない


徹底的な調査が必要だ思う



そして、この財務次官の退職金まで

関与するべき問題なのだろうか


強制わいせつ罪と同罪のような

野党とメディアの騒ぎ方である

退職金なしまで追い込むレベルではないと思う


トラップ(罠)、女の武器の利用、くの一のようだ

とネットでは騒がれいる


第一You Tubeの、その録画検証では

女性記者の対応した女性記者の言葉が

一切入っていないのだ

🎥福田事務次官セクハラ音声を声紋鑑定でまたまた謎!


🎥【福田事務次官セクハラ音声】女性記者の
  セリフの部分を変えてみた


🎥衝撃!財務省・福田事務次官の音声データを
声紋鑑定した結果、驚くべき事実が
明らかに!!その内容とは?


つまり、これらの検証によると

1)声がつなぎ合わせている

2)そして、それぞれの声の場所が違う

3)女性記者に対しての声かわからない

4)女性記者の応対の声が一切ない


まるで、あのTBSが小池知事就任時に

自民党都議会議員が握手拒否が

当時映像で流れた


そのため、この都議会議員は選挙で落選した


しかし、その一年後とんでもない映像が流れた

実際が握手していたのだ


TBSが、この握手した部分をカットしていたのである

ボクたち国民も完全に騙されていたのだ


でも、この事自体公に記事にはなっていない

つまり日本のメディアだったら何だって出来ることになる


普通被害者と加害者がある

訴訟や裁判となったならば、その真相究明には

双方の徹底的な調査をしなければならない

一方だけの調書をとって、お前が悪いということは

あり得ないことだと、子どもだってわかります


野党とマスコミも当たり前の事が

理解出来ていない

国会2.jpg


森本・加計では1年以上もの間安部首相関与ありきで

報道していた 


この福田財務次官も一部の報道からセクハラありき

どんどん拡散していく


でも、現代の若者はTVや新聞などの

捏造報道には、だまされていないのだ



それがボクたち中高年にとっては日本の将来を

担う若者が、まだまだたくさんいることに

安心感を持っている


日本の若者よ、もっと声を挙げよ



※捏造報道の全ては朝日から始まっている

あなた達は自分の家族に誇れますか




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

捏造報道 週刊誌文化の罪と罰 [ 坂口義弘 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)













posted by CAMくん at 06:02| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

道の駅「おがち」の19周年祭

道の駅おがち19周年祭に

家族で行ってきました


小町太鼓演奏と二人の小町娘が

PR活動をしていました


IMG_20180422_130959.jpg

IMG_20180422_130807.jpg

IMG_20180422_131538.jpg



小町太鼓に交じって女性アメリカ人の方が

参加していました

湯沢に来て2年経つそうです



🎥道の駅おがち19周年祭(小町太鼓・二人の小町娘)


※もうすぐおしら様も満開になります

🎥おしら様と小町娘(湯沢市)/Beautiful scenery of Japan


🎥二人の小町娘(小町の郷)






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あお葉フ−ズ 湯沢市産ブルーベリージャム
価格:756円(税込、送料別) (2018/4/23時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あお葉フ−ズ 秋田県産さくらんぼジャム
価格:756円(税込、送料別) (2018/4/23時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】A4901 ランマン特別純米酒 美酒爛漫 720ml
価格:5000円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】B3901 天然醸造 特上味噌
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】A3902 煮あずき缶セット
価格:5000円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】A4201 小町鮎のうるか
価格:5000円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)







posted by CAMくん at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

昭和34年秋田県立横手高等学校

木造建築の校舎でした

昭和34年度卒秋田県立横手高等学校1.jpg

体育館の風景は今と変わらない
昭和34年度卒秋田県立横手高等学校2.jpg


ボク達が入学したときもこの木造校舎でした

入学してすぐ仮装行列を行なった記憶があります

昭和34年度卒秋田県立横手高等学校3.jpg

当時の体操部は憧れでした

入学生に体操部の演技が披露されるのです

だから入学まえから体操部に入るんだと

意気込んでいました そして、将来はオリンピック選手だと

昭和34年度卒秋田県立横手高等学校5.jpg

昭和34年度卒秋田県立横手高等学校4.jpg


🎥我が母校横手高校「思い出の桜」HD



3年間部活も真面目にせず、勉強もせず、困った生徒でした

担任にも家族にも迷惑をかけました


だから今の生活があるんですよね







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秋田県産スチューベン果汁100% 葡萄のしずく
価格:2800円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あお葉フ−ズ 横手市山内産巨峰ジャム
価格:756円(税込、送料別) (2018/4/23時点)














posted by CAMくん at 10:53| Comment(0) | 学校情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

昭和19年3月秋田懸立横手高校女學校(横手城南高校)

1944年3月横手高等女學校卒業記念アルバムより


引き出しを整理していたら叔母のアルバムが


見つかりました


珍しい写真なので紹介します


終戦前ですが、皆さん元気で明るい顔をしています


秋田縣立横手高等女學校2a.jpg

秋田縣立横手高等女學校1a.jpg

秋田縣立横手高等女學校6a.jpg

秋田縣立横手高等女學校7a.jpg

秋田縣立横手高等女學校8a.jpg

昭和19年と言えば終戦の一年前です

東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう)は、

東京は1944年(昭和19年)11月14日以降、

106回の空襲を受けている


その後1945年8月6日午前8時15分 広島に原爆が投下


そして、同年8月9日午前11時2分 長崎にも原爆が投下


しかし、この女子生徒は明るく課外授業に励んでいる


秋田県には、あまり危機感はなかったかもしれない



posted by CAMくん at 07:42| Comment(0) | 学校情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また朝日かよ

テレビ朝日は4月19日午前0時から記者会見し、

朝日女性社員に対して財務省の

福田淳一財務次官から

「セクハラ行為があった」と発表した


4月12日発売の「週刊新潮」が女性記者への

セクハラ発言疑惑を報道した



福田氏は財務省の調査に対して

「自分の声かわからない」

「女性記者とやりとりはない」などと

全面否定してましたが、18日に本人が

辞任を表明した


その後福田淳一事務次官は18日夜7時前、

記者団に対し「記事は事実と異なり、

裁判で争っていくが、財務省が厳しい状況の中で

報道が出たこと自体が不徳の致すところであり、

職責を果たすことが困難と考えたことで辞任を

発表したのである

国会1.jpg


ここで大切なのは何故セクハラ行為があったのか

そして、この朝日女性記者はなぜ複数回も

一緒に会食つまり飲みに行ったんだろうか


そしてそのセクハラ内容を録音

朝日記者でありながら、何故第三者報道機関に

その情報を流したんだろうか


よく“女を武器に“と言う言葉もあるが

何度もセクハラ行為の中に女性がたったひとりで

入っていけるものでしょうか


たとえ女性記者が、その情報を得るためでも



記者と官僚が二人きりで飲みにいくことや

リークによって報道と権力が相互に牽制しあう関係

こういうことが起こる背景には、マスコミの体質にも

問題があるのではと思わざるをえない



今の今までこれらの官僚の問題のその全ては

この朝日から出ている



とにかく安部政権打倒と崩壊を望んでいるだけ

なのである




そして、この福田淳一財務次官の家族や家庭内まで

記事に書かれる


日本人一人の家庭崩壊にまで発展していく


奥様を始め子供にまで被害が及ぶ実態を

誰が望んでいるだろうか


これは明らかに過剰報道である


おそらく自宅まで行き、取材の申し込みは

殺到しているだろう


これが日本のメディアなのです

こんな一個人のセクハラ疑惑をトップで報じる日本の

メディアはどうかしてると言わざるえない










posted by CAMくん at 07:13| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

朝日の反安部政権・安部政権打倒の異常なる執念は

今、自分は朝日新聞や朝日放送は

一切見ないことにしている


戦後の朝日の論調がなぜ偏るかといえば、

いかに組織の中で上の人間の価値観と

同調して、出世するか、或いは

左遷されないようにするか、ということに

記者たちが腐心しているからである

櫻井よし子氏より



政府の政策や制度づくりのアラを探そう、

アラさえ見つかればそこを徹底的に

報道しよう、そしてそれだけという態度を

かなり強く感じる

堀田力氏


各テレビ局の報道番組の「安保法制」に

おける両論放送時間の比較

◇ニュースウォッチ9
 (NHK)
       賛成32%  反対68%
◇NEWS ZERO
 (日本テレビ)
       賛成10%  反対90%
◇報道ステーション
 (テレビ朝日)
       賛成5%   反対95%
◇NEWS23
 (TBS)       
       賛成7%    反対93%
◇ワールドビジネスサテライト
 (テレビ東京)
       賛成54%   反対46%
◇あしたのニュース
 (フジテレビ)
       賛成22%    反対78%

いかにバランスの欠いた報道しているかが

問われます


※高市早苗総務相は衆院予算委員会で

●放送局が4条に繰り返し違反し、

改善しない場合には電波停止も

ありえると答弁した

●だが放送法は、表現の自由の確保や

民主主義の発達に資することが目的だ

「政治的公平」のように、いかようにも

判断できる条文について罰則を

持ち出すのはふさわしくない

●「政治的公平」は、政治権力と向き合い、

それとは異なる意見にも耳をすまして、

視聴者に多様な見方を示すことで保たれる


高市大臣は何にも間違ったことは

言っていないのに当時メディアから

大バッシングを受けた


メディアは政権政府または政治家個人を

批判できるが、政治家はメディアを批判できないのか


前回に衆議院解散総選挙において

朝日は「大義なき解散を迎えるなら、今回は

有権者が馬鹿にされたことになる」

「森友・加計隠し解散」と言われても仕方がない


朝日と同じように政府を非難している先生たちは

数カ月前は何とつぶやいていたのか? 

小沢一郎氏は「お友達にはベラベラ喋る一方、

国民にはまともに説明しないで逃げ回っている

おぞましい政権によるおぞましい政治は

選挙で止めないといけない」


それが解散を発表すると

「大義など初めからあるわけがない。

総理による権力の私物化を象徴する

『アベノタメノ解散』である」と


小池晃・共産党書記局長は

選挙前は「支持率低下の最大の理由は

安倍首相が信頼できない

内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が

必要と述べました」


解散決まると今度は

「臨時国会冒頭解散、いったい何を問うのか

もともと『大義』とは縁もゆかりもない政権だとは

思っていたがここまでとは」


こんな野党連中です

皆さん信用できますか


まだまだ他の政治家も入れると枚挙に

暇がないほどあります


朝日のくやしげに話している記事が

「若年層 底堅い自民支持」

左翼政党を支持している人は60、70代の

人たちが多いと言うことです


つまり、ネットを見ない人ややれない人の

高齢者が不支持なのです


ボクの子どもたちもそうですが若い世代は

常にネットと隣合わせです

pc640-02.jpgpc640-02.jpg

だから、バランスのとれたネットをみて、

偏向報道かフェイクニュースか自分たちで

判断しているのです

若い世代の方がはるかに知っています



最近の各メディアの著しく過剰なほどの偏向報道が

これ以上続けば、近い将来TV局や新聞の

崩壊・消滅も有りゆると思う


ゆえに日本のメディアも、もっと危機感を

持ってバランスのとれた報道をすべきだ


最後に朝日の社員の皆さんも

マインドコントロールされてるかのように

一丸となって偏向報道に走っています


あなた達は果たして自分の子どもに

誇れますか



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

放送制度概論ーー新・放送法を読みとく [ 鈴木 秀美 ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)
















👊元朝日新聞記者の内部告発



posted by CAMくん at 09:40| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

首相案件って何でしょう

愛媛県や今治市の職員ら一行が

2015年4月2日に首相官邸で

当時首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官と

面会した際、柳瀬氏から「本件は首相案件」と

伝えられた、などと報道された
国会議事堂2.jpg

まず、次々に内部資料が表に特に

メディアによってに明らかになっていく


これって何でしょうか


基本的にボクたちが今住んでいる環境の

整備を市に願う場合は近くの市会議員か

顔見知りであれば市長にお願いする事が

あります その話し合いの記録資料まで

表沙汰になるなんて、今後のボクたちの懇願や

依頼や希望などはどうなるんだろうか


直接談判はできるだろうか


何も無理な要求は出来なくなるし

通らなくなるのではと危惧してしまう



今日の産経に面白い記事があった


加戸守行前愛媛県知事、あの

「報道しない自由もある」と

言った人である


今回のタイトルは「首相案件独り歩き

ばかばかしい漫画か」で


「首相案件」の文書について

「首相に結びつく話」ではないと一蹴した


尚、野党のこの追求には「ばかばかしく

漫画を見ているようだ」と痛烈に

批判を繰り返した


野党はメイディアは「加計ありき」で

結びつけたいのだ

書いた本人の記録メモです


国が今後愛媛県などの地方を

信用しなくなると


愛媛県に限らず、地方の職員が

何でもかんでもメモにして外に

出すことになったら何も決められなくなる



最後に一国の野党の代表が首相案件だと

問題にし、目まぐるしく動く世界の動きがある中で

やれメモが出てきただの、これが正しいだの

ばかばかしい漫画をみているようだ


おそらくNHKも他の民放も、これについては

産経以外一切報道しないのではないか


公務員の内部告発はどこまでが違法性があるのか


こんな備忘録的に作ったメモが

今後メディアに日常的に漏れることになると

いつまでも先送りになってしまうのではないか


もっと詳しく加戸前愛媛知事の記事を

読みたい方は4月14日付けの産経新聞の

5面をお読み下さい












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

報道特注(本) [ 生田 與克 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/4/14時点)







posted by CAMくん at 10:18| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

花に心が癒されます(仙北市刺巻湿原)

花に心が癒されます
(I like a flower.
When I see a flower ,
my heart is healed.)

仙北市刺巻湿原
(Sashimaki wetlands)

※ミズバショウ(skunk cabbage)
花言葉は美しい思い出・変わらぬ美しさ

※ザゼンソウ(eastern skunk cabbage )
花言葉は沈黙の愛・ひっそりと待つ

※カタクリ(dogtooth violet)
花言葉は初恋、寂しさに耐える、情熱

これらの花は雪解けと共に咲き春に咲く花に

先駆けて咲きます

そして、全て愛を表現している花たちである


刺巻水ばしょう祭り

平成28年4月9日(土)〜5月5日(木・祝)

国道46号線沿いの広さ約3ヘクタールの刺巻湿原に

ミズバショウやザゼンソウが一面に咲いています

🎥刺巻湿原のミズバショウとカタクリ
 (秋田県仙北市)


🎥刺巻湿原(仙北市田沢湖)のミズバショウ


🎥刺巻湿原とかたくりの里





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリコ ロングタンブラー ミズバショウ HG112-59BG(280mL)
価格:2790円(税込、送料別) (2018/4/13時点)













posted by CAMくん at 07:24| Comment(0) | 風景・観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

福島県二本松少年隊を知っていますか。(Do you know Nihonmatsu boy soldier? Samurai soul.)

慶応4年(1868年)、戊辰戦争において、

二本松城が落城した


郷土を守るために幼い少年たちが果敢に

戦ったことで知られます


会津藩の白虎隊よりもさらに年少で

13歳の子供まで入っていたそうです


白虎隊より先に志願して戦陣を

切った二本松少年隊の戦死者14名


戦争は残酷であるが、ふるさとを

守ろうとした少年隊の健気な精神は、

今地元の子どもたちの後世に

語り継がれている

📷霞ヶ城少年隊群像
DSC_0021.JPG

DSC_0022.JPG

📷国史跡二本松城(県立霞ヶ城公園)
DSC_0017.JPG

📷大隣寺(二本松少年隊の墓)
DSC_0098.JPG

DSC_0101.JPG

📷武将二本松少年隊
DSC_0685.JPG







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今宵一献!福島の地酒6本セット
価格:3890円(税込、送料無料) (2018/4/11時点)










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【福島県二本松市】奥の松純米吟醸「遊佐」 1800ml
価格:2462円(税込、送料別) (2018/4/11時点)




🎥悲劇の二本松少年隊の墓所
 (福島県二本松市大隣寺)


🎥霞ケ城(福島県二本松市)


🎥




posted by CAMくん at 08:05| Comment(0) | 風景・観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事