2018年11月20日

教育勅語は日本人としての道しるべ

先日、大仙市角間川の旧本郷家に家内と

子供と三人で行って来た


この家には1881年、9月19日

137年前に

明治天皇が座られた玉座がある

IMG_20181112_155005.jpg


ボクは兼ねてから亡き父と親交の

あったこの家について明治天皇は

お泊りなった家とは、すでに父から

聞いていた


まずこの家の歴史は後から述べることにして

明治天皇と言うとあの「教育勅語」が

思い出されます


教育勅語は明治天皇の名のもとに

明治23年(1890)10月30日に発せられた

今後に日本の教育に関する

尊いお言葉なのです


徳川幕府は過去300年もの間

鎖国令を出し外国との交流を

閉ざしていたが明治維新政府が

出来、外国との門を開くと

西洋の文明が怒涛のように

日本に押し寄せ、日本の世の中が

混乱状態に陥りました


そこで、人間としての規律を正し

国民道徳を身に付けようと

考え、お出しになったものと

される


では、その教育勅語は、どんなものだったのか

「国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし

兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い

夫婦は仲睦まじく解け合い

友人は胸襟を開いて信じ合い

そして自分の言動を慎み、全ての人々に

愛の手を差し伸べ、学問を怠らず

職業に専念し、知識を養い、人格を磨き

さらに進んで、社会公共のために貢献し

また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと

非常事態の発生の場合は

真心を捧げて、国の平和と安全に

奉仕しなければなりません

そして、これらのことは

善良な国民としての当然の

努めであるばかりでなく

また、私達の祖先が、今日まで身を

もって示し残された伝統的美風を

さらにいっそう明らかに

することでもあります」


つまり日本人としての本来あるべき姿が

記載されているのである


最近では稲田防衛相が「教育勅語の核の部分は

取り戻すべき」との発言と柴山昌彦文科大臣の

「教育勅語については、アレンジした形で

今の道徳などに使える分野は十分にある」との

発言により野党と日本のメディアから

多くの批判を受けました


教育勅語=軍国主義でしょうか

そして教育勅語=日本国憲法でもない


何故なら日本の敗戦によって戦勝国アメリカに

よって新日本憲法が制定され、この教育勅語は

抹消されてしまったのです


問題があるとすれば現代語訳では「国民」と

いう言葉が使われていますが

原語は「臣民」天皇が上、国民(臣民)が

下という形式自体が当時の言葉として

適切であったことが現代では強制的に

みられるようですね


では話は変わるが反対に日本教職員組合とは

どういう存在でしょうか


「9条を遵守すれば未来永劫日本は平和である」

「戦前の日本の歴史は侵略の歴史である」

「国旗掲揚や国歌斉唱の強制は良くない」

「教育に競争原理を持ち込むべきではない」

という左翼思想に対して

共感している教職員たちのことである


皆さんは、これが正しいことか悪いことは

その判断にお任せしますが


世界中どこの国をみても

国旗が国歌があります


それを軽視する国は世界中どこを

探しても一つもありません


同じ教育として教育勅語を振り返ると

この日本教職員組合の左翼思想と

比較してしまうのです


教育勅語から見て

あの「万引き家族」や「日本死ね」や

野党の皆さんのモリカケ問題での

与党に対しての数多い罵倒や

軽蔑の言葉の数々は、この教育勅語から見ると

有り得ない言葉であると思う



最後に旧本郷家の内部です

IMG_20181112_154916.jpg

IMG_20181112_155115.jpg

IMG_20181112_155805.jpg

IMG_20181112_155432.jpg














posted by CAMくん at 13:37| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

我が町の木戸五郎兵衛村の雪囲い

江戸〜大正時代の茅葺き民家4棟(市指定有形文化財)が

移築、復元されています


ここでは、毎年かまくら撮影会が

行われます


各民家は各種行事、会議や総合学習等に

ご利用いただけます


かつては、僕達中学校時代の同級会も

ここでやったこともあります


大正・昭和の映画やTVドラマロケでも

利用出来ます


1541387133788.jpg

1541387216433.jpg

IMG_20181105_121159.jpg

IMG_20181105_121556.jpg

IMG_20181105_121724.jpg

IMG_20181105_121612.jpg


🎥木戸五郎兵衛村雪囲い(秋田県横手市雄物川町)




🎥木戸五郎兵衛村(横手市雄物川町)




🎥木戸五郎兵衛稲荷神社と木戸五郎兵衛村



🎥Bushido(刀剣の世界)



🎥かまくら撮影会(横手市雄物川町)HD/
The Yokote Japanese-New-Year event of Japan






posted by CAMくん at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家内が作る川がにの味噌は

正に母から嫁に引き継がれた味

でも、地元に人たちでも


その作り方または食べたことの少ないのには

驚きます


海のかにと違って身は少ないが出しが良く

特に、この川がにの味噌が美味しい


亡き父母も大好きだった


料理の仕方は人それぞれだが


家内の作った川がにの味噌は高級料亭に

出しても決して恥ずかしくないほど味だ


IMG_20181110_141537.jpg

IMG_20181109_124928.jpg

IMG_20181110_123808.jpg

IMG_20181110_123828.jpg

IMG_20181110_130625.jpg

IMG_20181110_130632.jpg

IMG_20181110_130831.jpg

IMG_20181110_181020.jpg


🎥Bean paste of a river crab /
 我が家の川かにみその作り方HD









posted by CAMくん at 05:54| Comment(0) | 大好きな家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

豪雪に備えた庭の雪囲い

毎年の事だが、今年も庭と家の周りの

雪囲いをやる時期がやって来ました

雪国ならではの冬支度


今までは専門の知人に頼んでいましたが、

今年は家内と親思いの優しい息子と

3人で仕上げました


仕事場での各家々の庭先の囲いを見て

勉強し模範にしながらの囲いでした


かなり頑丈に囲いました

これで何とか一冬は越せそうです


こんな立派な庭果たして子供たちが

受け継いでくれるでしょうか


🎥木戸五郎兵衛村雪囲い(秋田県横手市雄物川町)



DSC_0686.JPG

DSC_0688.JPG

DSC_0690.JPG









posted by CAMくん at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

田舎の風景のあぜ道

あぜ道
(The country landscape of the Japanese autumn.)

横手市街地から20km以上も

離れている山間部です


私の仕事場です



何かこの風景ほっとします



でも、これから雪が降ります


それに一人暮らしの高齢者の方もいます


寒くなると大変だろうね


大きい昔造りの家に入るのって

どんなにか寒いでしょう


どうか足元に気を付けて下さい





あぜ道1.jpg

あぜ道4.jpg

あぜ道5.jpg



posted by CAMくん at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

ある村(横手市雄物川町二井山)

横手市雄物川町二井山部落には

美しい自然の風景がある


由来は明らかではないが、

かつての源氏と平家との戦いで

源氏の落ち武者が

移り住んだという説もある


冬は裸参りと夏は神楽という伝統行事が

あったが、神楽は後継者不足から

平成22年から行われていない


人間の情味に溢れた思いやりの心を

持っている


少子高齢化の波が確実に押し寄せている


大正7年8月に横手〜沼館間を

開業した横荘線鉄道でした


その後昭和3年11月に、この二井山まで開業


そして、二井山から東由利の老方まで開業したが

昭和28年8月に二井山〜老方線を廃線


開業当初は羽後本荘まで繋ぐ予定でしたが


昭和40年度重なる集中豪雨などで

館合〜大森間の橋きょうが傾き


昭和40年6月館合〜二井山間廃線


そして、昭和46年7月横手〜沼館間全面廃線


今も、その二井山〜老方線のトンネルが

残っている

📷二井山〜老方線トンネル
1541314536374.png

🎥横荘線跡(二井山〜老方線)



📷湯殿山神社
1541378313935.png


IMG_20181105_094014.jpg

IMG_20181105_094203.jpg

🎥二井山裸参り (横手市雄物川町)


🎥二井山神楽動画(制作DVDより)


🎥雄物川町二井山裸参り(思い出6)



📷小学校、保育所跡地
IMG_20181105_094534.jpg


📷七滝
DSC_0693.JPG

IMG_20181105_095326.jpg

IMG_20181105_095306.jpg


📷風景
DSC_0700.JPG

DSC_0696.JPG

DSC_0695.JPG

DSC_0707.JPG





posted by CAMくん at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

今年最後の発表会(岡本新内伝承会)でした

今年最後の発表会でした

岡本新内伝承会の皆様ご苦労様でした


HDカメラも調整したら、すこぶる画質が

良くなったような気がします


デジカメは古いので期待は出来ません



DSC_0615.JPG

DSC_0608.JPG

DSC_0607.JPG

🎥岡本新内(岡本新内伝承会・横手市民ステージ祭)










posted by CAMくん at 17:28| Comment(0) | ステージ発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

若い世代に受け継がれる地元伝統芸能(岡本新内)

「岡本新内」とは、明治、大正、昭和初期に

かけて秋田県内に広く流行した

日本舞踊である


江戸の歌舞伎役者の市川団之丞が

安政の頃(1854〜1860)に

平鹿郡今宿村(現・横手市雄物川町)に

おいて創作されたと言われている


その岡本新内が今岡本新内伝承会の

皆さんによって若い世代に受け継がれている


DSC_0476.JPG

DSC_0463.JPG

DSC_0501.JPG

DSC_0486.JPG

DSC_0495.JPG


🎥岡本新内(若い世代に受け継がれる雄物川町芸能文化)



🎥雄物川町岡本新内伝承会(第11回横手市民ステージ祭)



🎥岡本新内動画(市川団之丞に伝え・・・保存会より)



🎥岡本新内動画(次の世代へ・・・伝承会より)






posted by CAMくん at 06:17| Comment(0) | ステージ発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

秋田県南の紅葉も見ごろが

秋田県湯沢市の紅葉です

(Japanese wonderful colored leaves.)


川原毛地獄・泥湯温泉郷・三途の川渓谷・

小安狭は集中しています


筝曲「落ち葉の踊り」を

奏でたい雰囲気に浸る


小安狭は今月末が見ごろです


もうすぐ雪深い季節となります



📷川原毛地獄
Dsc_0026.jpg

Dsc_0286.jpg


📷泥湯温泉
Dsc_0291.jpg


📷小安狭
Dsc_0137.jpg


📷三途の川渓谷
Dsc_0068.jpg



🎥Hell scenery of Japan /
川原毛地獄と大湯滝(秋田県湯沢市)の紅葉



🎥The hotel of the country in Japan /
泥湯温泉(秋田県湯沢市)と紅葉



🎥The hot spring ravine in Japan /
小安峡の紅葉


















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秋田 #湯沢 木村酒造 大吟醸 福小町 720ml
価格:5400円(税込、送料別) (2018/10/24時点)

楽天で購入






posted by CAMくん at 06:42| Comment(0) | 秋田の紅葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

横手公園をドローンで撮影

先日横手公園をドローンで撮影

人混みのいない所を選んでの撮影でした


枝に引っ掛けないように

直立に飛ばすだけでした


幾分風がある


ミニドローンなので、風に煽られます


横手城より高く上げたいが

怖くて出来なかった


ミニなので、いろいろ気を付けなければならない


でも今までアイレベルでしか

撮影出来なかったアングルが撮影出来る



ドローンは撮影素材の一部だ

長く撮ることは出来ないが


普通の地上撮影との組み合わせで十分に

You Tube素材になり得ると思う


横手公園2.jpg

横手公園1.jpg

横手公園3.jpg


🎥初めてtelloドローンを飛ばす





posted by CAMくん at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事