2017年09月21日

日本人として知りたいこと何故報道しない

加戸守行前愛媛県知事の国会での証言

※前川喜平氏は想像を全部真実のように
 発言している 何故獣医師が必要なのか
 何故加計学園に決まったか


ライダイハンの真実

※ベトナム戦争で韓国軍兵士がベトナム女性を
 性的暴行して生ませた混血児の真実と
 生存者の証言


吉田清治の長男の「父の謝罪碑を撤去します」

※父の発信続けた虚為によって日韓の不必要な
 対立を生んでしまったこと 世界各国に慰安婦
 少女像を拡散させてしまったこと


翁○沖縄知事の国連演説(公費227万支出)は
中国の後押しで実現した

※琉球独立宣言(中国が沖縄は中国の領土だと
 言われても一切抗議しない)


沖○タイムズ、琉○新報の偏向報道

※辺野古移設やヘリパット反対で妨害している
 デモ隊の暴力や地元住民の交通の妨げ被害状況


「偏向報道をゆるすな」TBS本社前で500人が
抗議デモ

※TBSの報道は放送法4条に違反しており
 偏った報道は多くを裏切っている 反省を
 示さないなら貴社の電波停止を総務省に
 要求する


他に自民党青山繁晴議員の国会での質疑


我那覇真子氏「琉球新報、沖縄タイムズを正す」
県民、国民の代表運営として戦っている一途な姿


沖縄での反対デモ隊「沖縄平和運動センター
議長の山○博○被告の過去の傷害罪




これらはほんの一部です

今後も垂れ流しと言えるくらい永遠と偏向報道が

続いてい行きます


自分はTVはなるべく見ないようにしています

最高峰放送カメラです
_MG_0046_s.jpg



続きを読む
posted by CAMくん at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

ライダイハンとは?(韓国兵士の性的暴行で生まれた子供たち)

ライ┉混血、ダイハン┉大韓

ライダイハンとは、ベトナム戦争時に韓国軍兵士が

ベトナム女性を性的暴行して生まれた混血児


12日、英国の民間団体で「ライダイハンのための正義」の

設立のため英国のP.キャロル氏が「ベトナム戦争で

韓国軍兵士の性的暴力に遭った女性たちが苛酷な

人生を送っている」と訴えた


同団体メンバーのS.ヘンドリー氏も

「人間として恥ずべき行為が、ベトナムで

行われた 国際社会が被害女性と子供たちを

救うため立ち上がるべきだ」と

この画像はベトナム戦争と何ら関係ありません。
vietnam-2681566_1280.jpg


当時韓国の朴チョンヒ元大統領は延べ30万人以上の

韓国兵士をベトナムに派兵 その時韓国兵士たちは

13,14歳の少女を含む多くの女性に性的暴行を行い

その結果生まれたライダイハンは5千〜3万人いると

されるが、正確な人数は明らかではない


75年にベトナム戦争が終結した後南ベトナム政府の

崩壊により、共産党政権下でライダイハンは

「敵国の子として迫害や差別を受けて来たという


フーカイン省トイホアにある9つの部落では

女性と子供、そして老人たち900〜9000人を

虐殺されたとされる


その残虐行為の内容は目を疑いたくなります

「子供たちをの首を切り落とし、手足を切断して

火の中に投げ込む」「妊婦の腹から胎児が

飛び出すまで踏みつける」という生存者の

証言内容が報告されている


日本の歴史上で、このような残虐行為が

あっただろうか


そして、村を追われ戦争難民であった女性たちを

強制連行して売春婦に仕立てたのである


今現在の日韓の性犯罪強姦件数を比較すると

09年の日本では1417件、韓国は1万215件で

日本の8倍以上である


それでも、世界各国に慰安婦「少女像」を

作り続け従軍慰安婦や強制連行が

あったとの執拗な反日政策を展開している


韓国は、この事実を全く認めずベトナムの

被害者女性と子供たちに

一切の謝罪もしていないという


それにしてもこの報道が各TVで

報道されないのは何故でしょうか


たまたま○経新聞を購読していたから

発見出来た記事です

まだ世の中には、この事実を

知らない人も多くいます


日本の慰安婦の問題と韓国の

ライダイハンの問題との決定的な

違いはどこにあるか


それは過去の資料を調べてみましょう





posted by CAMくん at 12:18| Comment(0) | 北朝鮮と中国の脅威 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

豊田真○子議員の過剰報道について

元政策秘書への暴言・暴行問題で自民党を

離党した豊田真由子衆院議員

元秘書の男性に「ハゲーー!」などの暴言を

浴びせた上、暴行を加えたなどと

「週刊新潮」に報じられた

毎日のように元秘書が録音した過激な暴言が

放送された
豊田真○子議員.jpg

確かに録音の暴言だけを聞けば

高学歴。超エリートが何故?と人間として失格だと

誰でも思ってしまうが、二人だけの車の中


いわば誰も知らない密室の中ということに

なりますが、その前後に何があったか


当初、自分はこの議員にだって家族はあるし

旦那さんや子どもだっているし、放送が

過激すぎると思っていた


確かに元政策秘書への暴言・暴行問題は

反省と謝罪はすべきです


でも、このために特に子どもさんは学校での噂や

いじめの対象となり、

好奇の目でみられるようになったと言う


旦那様の言葉

「今は子供たちをケアすること、それだけが僕の

役目だと思っています」

でも『ママは一生懸命、仕事一筋でやってきた』と

いうことは子供たちもわかっています


つまり政治家として仕事と妻や母親として

人は別問題なのです


たとえば不倫をしていた政治家だとしても

仕事はきっちりとこなす そして同じ党の議員たちや

地元の住民たちからも評判がいい議員も

いるようです


人間って短所もあれば長所もあるんです


この豊田議員の一連の報道も 

徹底的に立ち上がれないほど再起をさせないと

いう過剰報道が、いわば徹底的に奈落の底に

落とす事が現在の日本のメディアの

姿なのです


つまり一部分というか断片的なことしか

報道しないメディアが多すぎます



この日体調不良で入院している豊田氏は、

宮根誠司キャスター(54)のインタビューに

応じた


でもこの隠し子騒動のある宮根誠司アナが

何の説明責任も果たしてないままに

インタビューを受けている豊田議員の番組に

違和感を覚えているのはボクだけではないと思うが


さて、皆さんはどう思いますか




posted by CAMくん at 07:35| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

里帰り出産を終え、今日帰る

娘が里帰り出産を終え、一ヶ月半で

帰って行きました

仙台駅からの新幹線で
孫 新幹線4.jpg

孫 新幹線2.jpg

いろいろとお騒がせな日々でしたが

帰路についたボクたちは、何て淋しんだろうと

痛感している


可愛い孫はボクたち夫婦にとっても宝物です

どんな大人に成長して行くんだろう
孫 新幹線5.jpg

もう何年この子を見届けていけるんだろうか

元気な泣き声も、しばらくは聞けないと思うと

淋しさと悲しさが心を交差していく


ただ元の生活に戻るだけなのに

もう少し、家内と頑張っていかねばと思うんだが


何かポロリと頬を伝わってきます


ホント、こんな大きな家に家内と次男と自分だけ

後は、次男だけと思ってはいるが・・・・・・


難しいんですね

とにかく、感傷的になっています


家内は強いですね


posted by CAMくん at 20:54| Comment(0) | 大好きな家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

かつての東成瀬村立椿川小学校に来て

自分がまだ若かりし頃この椿川小学校に

来たときがあった


当時は大変な豪雪地帯で、車で来るにも

かなりの時間を要したものでした

言葉では言い表す事は出来ないが

交通が、あまりに不便なため閉ざされた村の

ようでした そのため自分が初めてこの学校を

訪れたときは多くの児童たちと先生方が大歓迎

してくれたことを鮮明に思い出します
IMG_20170908_130417.jpg

IMG_20170908_130449.jpg

IMG_20170908_130715.jpg

IMG_20170908_125927.jpg

IMG_20170908_130511.jpg

児童たちはボクに対して特別な警戒心もなく

素朴で人懐こく、中にはボクの手を握って来たり

おんぶしたり、抱っことせがむ児童までいたと

記憶しています


聞くところによると平成13年に閉校して、

いろんな地域の展示物を集結した

まるごと自然館となったようです


先日ちょっと行く機会があり、懐かしく拝見しました

ボクが行ったときの学校は確か木造だったように

記憶しています



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【農林水産大臣賞・完熟桃太郎トマトケチャップ】
価格:580円(税込、送料別) (2017/9/19時点)



posted by CAMくん at 10:53| Comment(0) | 閉校・廃校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

手打ちそばヤマトの揚げそばの味が

揚げそばは外はサクサク、中はもちもちの

食感で独特の味です
IMG_20170908_120338.jpg

IMG_20170908_120352.jpg

IMG_20170908_120321.jpg

IMG_20170908_115824.jpg

三個出てきますが、結構お腹いっぱいに

なります 本格的な手打ちそばです


開業して十年も経ったでしょうか


奥様が「やっと利益が出るようなりました」と

言っていました かつて、ご主人が自分と同じ

仕事をしていました


ご夫婦でお店を切り盛り出来るなんて

何て素晴らしいことでしょう



美味しい味です お勧めです

これから一ヶ月も経てば栗駒山の紅葉が

始まります 是非お近くにお出でになった時には

お立ち寄りください

もうすぐ栗駒山の紅葉が始まります
🎥The autumnal leaves of the mountain in Japan /
栗駒山の紅葉・癒し映像HD

🎥栗駒山の紅葉

🎥小安峡・三途川渓谷・川原毛地獄の紅葉

🎥The hot spring ravine in Japan /
小安峡の紅葉HD

🎥Hell scenery of Japan /
川原毛地獄と大湯滝(秋田県湯沢市)の紅葉HD
続きを読む
posted by CAMくん at 09:54| Comment(0) | お店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

毎日英会話を勉強しているが

久しぶりに英会話を始めて4ヶ月経っただろう

車の中でも毎日の通勤での往復で

聴いているがなかなか覚えられない


若い頃は確かに覚えが早かったような

気がするが、年老いてゆくと

皆さん覚えにくくなるようですね


特に、このSpeed Learningは難しい英会話だと

思う TVCMでは聞き流すだけで覚えられると

言っているが、自分は無理です

毎日書いて覚えるしかないと思う 

諦めずに頑張るしかない
IMG_20170906_155320.jpg

まず、この一巻を完璧に覚えられたら

また、英会話教室へ通いたいと

思っています

何度も何度も復習しています。基本は聴いて、見て、

書いて、読むことが覚える基本かな

暗記できるくらい頭に入れたい

続きを読む
posted by CAMくん at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

狸がやってくる家

ボクの友人宅に毎日深夜に

狸がやって来るという


実は、この場所は飼っている猫の

餌置き場である

ここに毎日2匹、3匹の狸がその餌を

目当てにやって来るらしい

ときどきは、飼っている猫と一緒に

餌を食べているとのことでした
1504145765387.jpg

1504145758657.jpg

いつか、その映像を撮ってみたいものだ
















posted by CAMくん at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

横手市Y2プラザのふれあい喫茶のランチ

先日同じ施設内4階のトレーニングジムに

行って来ました


昼に20分前だったので、午前中の受付は

終了と言われ、午後からは13:00からの

受付と担当者に言われました


それで、その間1階のふれあい喫茶くつろぎで

ランチを食べました


これで、このカレーは二度目です

本当に美味しいカレーです
IMG_20170827_114536.jpg

ボクはカレー専門店のカレーより好きです

ボクが食べたインスタントカレートップ3はこれだ!!


 

 


  

posted by CAMくん at 16:27| Comment(0) | お店情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

昨晩の夕食は

娘が里帰り出産を迎え8月7日に

無事男の子を出産して22日目

男の子なので、しっかりと泣きます


そんなとき我が家の夕飯に松茸のお吸い物が

出た それとちょっと贅沢な塩ふり焼きも
IMG_20170827_182433.jpg

IMG_20170827_182444.jpg

長男の孫も可愛いですが、こちらの孫も

可愛いですよね。
IMG_20170828_203508.jpg

これで三人目の孫が出来ました

来月には帰るそうです 淋しくなります









続きを読む
posted by CAMくん at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事