2016年02月15日

平和ボケの日本だから、北のミサイルが進化が遂げている今

平和すぎる日本、2月7日北朝鮮が
長距離弾道ミサイルを実験発射

まず37分後→朝鮮半島の西約150キロ
黄海上に、そして45分後には南に2000キロの
フィリピンに落下

でも日本での日曜日は通常と変わらない休日が
あった

事実中谷元防衛大臣は、日本の領域にミサイルが
落下することを想定して迎撃態勢を整えていたが

破壊装置が実地されず「平穏無事な一日」が
過ぎた

韓国の国防相によると北のミサイルの
最大射程距離は1万3000キロで首都
ワシントンまで到達する

そして、ミサイルと同じく脅威を感じるのは
水爆実験に開発される核開発だ

ミサイルの小型化が進むと一つのミサイルに
多弾頭化も視野に入って来る

北朝鮮が自暴自棄となり、なるふり構わずの
攻撃が怖い

そして、その数日後に宮崎議員の不倫報道が
各TV局で大々的に一日に何度も放送される

不倫相手や宮崎議員の父親のインタビューも
交えた放送 ここまでやるか

馬鹿な議員とは当たり前のことだが
ここまで一人の人間を奈落の底に
陥れようとは、この過剰報道は何だ

この議員の政治家としての誠実さが
なかったのは認めるが犯罪を犯したのか?

訴訟を起こされたのか?というと疑問符である

馬鹿馬鹿しくてチャンネルを変えた

日本の平和ボケにも程がある
北の危機がそこまで来ているというのに

そして、北朝鮮は12日夜、事実上のミサイル
発射などに対する日本政府の独自制裁に反発し
拉致被害者に関する包括的な調査を全面的に
中止し特別調査委員会を解体すると発表した

どうせ、調査する気もなかったのに

困った国であるが、日本はもっともっと抑止力を
備えなければならないのかとも思って来る

国会でも議論すらないのが異様だ
北や中国の脅威に、どう立ち向かおうと
しているのか

もっともっと国民が真剣に考えるべきことだと
思う



[DVD] 北朝鮮強制収容所に生まれて
価格:3914円(税込、送料込)



北朝鮮とは何か [ 小倉紀蔵 ]
価格:2808円(税込、送料込)



posted by CAMくん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮と中国の脅威 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事