2017年04月13日

3人の子供たちとの思い出も運命

今から10年以上前の画像です

弘前公園の追手門前です

子供たち3人.jpg

右、長男(34歳)既婚(秋田市在住)子供二人
  (私の孫、上女の子4歳、2番目男の子1歳未満)

中、長女(32歳)既婚(静岡県在住)子供なし

左、次男(29歳)独身(横手市在住)
   彼女居ない歴4年職場で出会いがないという

この頃までは私たち夫婦も3人の子供たちと

家族水入らずでいろんな所へ行けました


子供たちも、それぞれの道を歩み出して

5人一緒に集まる時間がなくなった

3人とも大学を卒業させたが、大学院までは

どうしても、入れることは出来なかった

長男が私立大学に入学したとき、自分は

仕事の退職を余儀なくされた

その後、自分は自営業を始めて

何とか卒業させた


長男も、私の仕事を心配して自分なりに

大学の奨学金制度を利用して4年間借りてくれた


ただ、普通免許の取得時に、半分払ってほしいとの

ことで、後残りはアルバイトしてくれるとの

ことだった 有り難かった

社会人になっても、まずお金を払ってくれと

言われたことがない


結婚式・結婚披露宴を挙げるときも

マイホームも購入する時も

全て、自分たちで払ってくれた


娘は国立大学へ進んだ

長男もそうだったらしいが


娘の大学が決まり引越しをして

娘に「じゃ、元気で頑張って」

と言って車に乗って出発したとき、バックミラーを見ると

いつまでも見送っている娘の淋しそうな顔が

見えていた 今でも、その顔を鮮明に思い出す


娘は大学時代部活のマネージャーだったので

部員の皆さんと一緒に遠征試合や旅行などがあり

本人も居酒屋でアルバイトをしていたので、

私たちに、いちどもお金が足りないと

言ったことはなかった


でも、女の子だったので、ストーカー被害に

何度か遭ったようなので、それが唯一

心配でしたが、同じ部活の先輩たちが娘を

交代ずつ見送ってくれることにより

助けられた


次男の大学時代はと言うと3番目だったので

簡単に県育英会から借りることが出来た

私の妹夫婦も住んでいるところだったので

私の家内のお母さんもよく連れて行くことが

出来たの喜んでもらえた


長男と長女は2年間大学生活の仕送りが

一緒でした 長女と次男は1年間一緒でした


次男のときは、本当に苦しかった

仕送りも、授業料納付も厳しかったので

普通免許取得時の30万程は

次男がアルバイトをして、全て賄ってくれた


親がお金持ちでないことが、どれだけ子供たちに

良いか悪いか影響を及ぼすかわからないが


少なくとも自力で立ち上がる子供に

成長出来ることは確かだと思う


人って、幸せに生きている人が何人いるだろうか

人それぞれ悩みを抱えながら生きています


被災で家族を失った人

たった一人だけ残された人


天罰が下されるはずもない人たち

被災で家族を亡くした人の言葉


「娘は、家族思いで優しい子でした。将来は

福祉の仕事に就きたいと言っていた 何一つ

道に反れたこともなかったのに、神様は何故」と

言って泣き崩れた父親がいた


運命と言えばそれまでだが・・・・・・・・・。


🎥弘前公園早朝の桜/
The cherry tree of beautiful early morning Japan


🎥弘前公園の桜ライトアップ(世界に発信)
  /A wonderful Japanese cherry tree HD


🎥弘前市景勝院の桜(国重要文化財五重塔)HD


posted by CAMくん at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事