2017年08月10日

地元新聞を止め、産〇新聞をとってから

台風5号も温暖低気圧になり

東北地方も幾分沈静化に向かって来ている

先月の大豪雨で大仙市と横手市の一部が

甚大な被害を受けた まずお盆を迎える頃

被害を受けた皆さんを心から気の毒に思います


地元新聞があまりに偏向報道が強いので

今月から産〇新聞に切り替えた

右よりと言われている産〇だが

実際10日も毎日見ていると

安倍政権も批判もあるが、賛同もある


つまりいろんな角度からの報道である

それに地元新聞とは違い、世界の情報が

記載されている


今日北「グアム周辺を攻撃」

核小型化成功、60発かと言う

ニュースが一面に記載されていた

北の金正恩朝鮮労働委員長が決断を下せば

「任意の時刻に同時多発」


そして、小野寺五典防衛相と安倍晋三首相を

名指しで批判し「日本列島ごときは一瞬で焦土化

できる能力備えて久しい」と威嚇


に対して日本は抗議くらいで先制攻撃などできない


アメリカのトランプ大統領は「北朝鮮はこれ以上、

米国にいかなる脅しもかけるべきではない 

(さもなければ)世界が見たことのないような

炎と怒りに見舞われることになる」と警告


アメリカが北朝鮮に攻撃を行った場合

日本は独力で自国を守る必要があるし

日本には、有事に備えるための期間が

それほど多く残されていなのである

自衛隊.jpg

日本が核で北朝鮮に攻撃されてからでは

遅いのである

社〇党福島〇議員が、かつて言ってたことが

あった 「日本が攻撃されたら隠れろ」

まるで子供の遊びかくれんぼのような意見には

思わず耳を塞ぎたくなる


日本の先制攻撃はないのか

北朝鮮にいる拉致被害者や邦人の救出に

どんな方法があるのでしょうか


雨のようなミサイルを向けてくる北のミサイルに

ミサイル迎撃態勢を取る日本だが、果たして

これだけでいいのか

最近認められた「集団的自衛権」の行使で

どこまで、日本の自衛隊ができるか


今、日本は歴史上最も緊張感のある時である


こんな時期に未だ永遠に続く森友・加計問題や

稲田氏や江橋沖北相の参考人招致

求めようとしている野党を見ていると


野党の言う改憲反対!共謀罪反対!

集団的自衛権反対!でこの日本を守れるでしょうか






















posted by CAMくん at 11:36| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事