2018年01月04日

横綱○鵬へのバッシングが止まらない

平成の大横綱とまで言われたのが

今や世紀の極悪人にまで成り下がって

しまったのか


張り手、かち上げ(肘打ち)、だめ押しを

多用する  


今多くの相撲好きな皆さんが、こんな相撲は

「見たくない」と言う

ボクは元々こんな相撲は横綱な相撲では

ないと思っていた


ここまで、野放しにしてきた責任は一体誰に

あるだろうか

もちろん師匠の宮城野親方を含めた協会の

責任は逃れられないと思う


ここまで、その言動や品格、相撲内容を

崩した横綱はあのモンゴル横綱朝○龍以外

日本人横綱では誰一人としていなかったと

記憶している


疑惑の星勘定やりとりのモンゴル力士同士の

相撲や、あの稀勢の里か○鵬の優勝かと言う構図に

翌日○鵬の対戦者が貴の岩に○鵬の側近から

何度も貴の岩に電話があったと言う


これに対して貴の岩は決して出ることは

なかったし、これについて貴乃花親方にも

報告しているとのこと

そして、○鵬は貴の岩に屈辱の惨敗をしている


貴の岩にしてみれば「俺はガチンコ相撲で

横綱○鵬に勝ったんだ」と周りに

吹聴したんだろうと思う


幕内にとって横綱に勝つことは

大きな自慢だったんだろうと思う


こう言ったらといっても決して貴の岩を

責める問題でもないと言える


問題はモンゴル力士会の夜の街での振る舞いや

場所前の飲み会に大きな問題

あるような気がする


貴乃花親方は、この事で○鵬に直接説得を

試みたと言う


こんなことから○鵬と貴乃花親方のバトルが

始まっていたかもしれない

ec8dbdc9c8ca65874530cca77e69ebc7.jpg
posted by CAMくん at 11:27| Comment(0) | 日本相撲協会の改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事