2018年02月05日

沖縄県名護市長選挙結果は

秋田県に住んでいるボクたちにとって

あまり関係のない話だと思っている人も

多いのではないかと思うが


沖縄県の海と空は美しく、澄み渡るリゾート

mizsuho170920000_TP_V.jpg

NKJ56_taketomishimanoumitosora_TP_V.jpg

しかし、沖縄県の経済は

どうなっているんだろうか


1)村社会的で閉鎖的な社会構造

2)安い平均的賃金とダントツの貧困率

3)沖縄米軍基地に反対する左翼運動家が多い

4)地元新聞社の運動家を擁護する偏向報道

5)翁長知事の辺野古移設反対を
 繰り返し続けるその執念とは何か

これが沖縄県の現実でしょうか


昨日の名護市長選挙で新人の渡具知氏が

稲嶺進氏に3.400票の差を付けて

初当選した


辺野古移設反対ばかりを訴え続け、

市民生活を置き去りにしてきた稲嶺前市長に

対して市民生活の向上を

訴えて来た渡具知氏候補者の勝利に終わった


沖縄県No.1は
離婚率、父子.母子家庭率、DV発生率、飲み屋店舗率

失業率、男性肥満率、学校給食費滞納率など


翁長知事が就任してから、沖縄は何が

変わって来たのか


オール沖縄と沖縄の民意と称される皆さん

そして、ヘリパット反対、辺野古移設反対と

居座っている運動家の皆さんは今の沖縄の現実を

どう見ていますか









posted by CAMくん at 12:34| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事