2018年03月12日

2011.3.11 その時自分たちは

2011.3.11 2時46分、その時

寝ている母と二人家にいた



大きな強い長い揺れが数分間続いた


母が心配で母の寝ている部屋に

駆け付けた


棚に上がっていた置物程度の小物が床に

落ちたが、家自体損傷などはなかった


電源が落ち使っているフィーターも付かない

外に出たら家の前の信号は消えていた


まず、自分は地元の商店街に向かい

母のために、たくさんのホッカロンを購入した


家に帰って来て、そのたくさんのホッカロンを

母の身体の至る所に貼ってやった


そして家族の携帯に電話するが、全員に

通じることはなかった


もう既に17:00となり、近くの家々や

街灯など明かりはなく真っ暗となり、

異様な雰囲気だ


DSC_0867.JPG

DSC_0869.JPG


大雄のコンビのファミマに行ったら、明かりは

消えていたが、コンビニの従業員の女性が

手渡しで食べ物を売ってくれたのに

本当に有り難く深く感謝した



そして、家内が早く仕事から帰って来た


今のようにスマホやタブレット、車に

カーナビもなかったので、その地震情報が

全くわからなかった



家内とボクと母と三人で母の部屋で

その日は寝た



DSC_0871.JPG


次の日電気が付くと同時にTVで仙台空港と

仙台の若林区に津波が押し寄せ来た空撮映像が

流れた 一瞬家内と自分は青ざめた


何故なら次男は若林区住んでいたからだ

続く・・・・・・・・・・





















posted by CAMくん at 07:01| Comment(0) | 東日本大地震情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事