2018年04月14日

首相案件って何でしょう

愛媛県や今治市の職員ら一行が

2015年4月2日に首相官邸で

当時首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官と

面会した際、柳瀬氏から「本件は首相案件」と

伝えられた、などと報道された
国会議事堂2.jpg

まず、次々に内部資料が表に特に

メディアによってに明らかになっていく


これって何でしょうか


基本的にボクたちが今住んでいる環境の

整備を市に願う場合は近くの市会議員か

顔見知りであれば市長にお願いする事が

あります その話し合いの記録資料まで

表沙汰になるなんて、今後のボクたちの懇願や

依頼や希望などはどうなるんだろうか


直接談判はできるだろうか


何も無理な要求は出来なくなるし

通らなくなるのではと危惧してしまう



今日の産経に面白い記事があった


加戸守行前愛媛県知事、あの

「報道しない自由もある」と

言った人である


今回のタイトルは「首相案件独り歩き

ばかばかしい漫画か」で


「首相案件」の文書について

「首相に結びつく話」ではないと一蹴した


尚、野党のこの追求には「ばかばかしく

漫画を見ているようだ」と痛烈に

批判を繰り返した


野党はメイディアは「加計ありき」で

結びつけたいのだ

書いた本人の記録メモです


国が今後愛媛県などの地方を

信用しなくなると


愛媛県に限らず、地方の職員が

何でもかんでもメモにして外に

出すことになったら何も決められなくなる



最後に一国の野党の代表が首相案件だと

問題にし、目まぐるしく動く世界の動きがある中で

やれメモが出てきただの、これが正しいだの

ばかばかしい漫画をみているようだ


おそらくNHKも他の民放も、これについては

産経以外一切報道しないのではないか


公務員の内部告発はどこまでが違法性があるのか


こんな備忘録的に作ったメモが

今後メディアに日常的に漏れることになると

いつまでも先送りになってしまうのではないか


もっと詳しく加戸前愛媛知事の記事を

読みたい方は4月14日付けの産経新聞の

5面をお読み下さい












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

報道特注(本) [ 生田 與克 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/4/14時点)







posted by CAMくん at 10:18| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事