2018年04月16日

朝日の反安部政権・安部政権打倒の異常なる執念は

今、自分は朝日新聞や朝日放送は

一切見ないことにしている


戦後の朝日の論調がなぜ偏るかといえば、

いかに組織の中で上の人間の価値観と

同調して、出世するか、或いは

左遷されないようにするか、ということに

記者たちが腐心しているからである

櫻井よし子氏より



政府の政策や制度づくりのアラを探そう、

アラさえ見つかればそこを徹底的に

報道しよう、そしてそれだけという態度を

かなり強く感じる

堀田力氏


各テレビ局の報道番組の「安保法制」に

おける両論放送時間の比較

◇ニュースウォッチ9
 (NHK)
       賛成32%  反対68%
◇NEWS ZERO
 (日本テレビ)
       賛成10%  反対90%
◇報道ステーション
 (テレビ朝日)
       賛成5%   反対95%
◇NEWS23
 (TBS)       
       賛成7%    反対93%
◇ワールドビジネスサテライト
 (テレビ東京)
       賛成54%   反対46%
◇あしたのニュース
 (フジテレビ)
       賛成22%    反対78%

いかにバランスの欠いた報道しているかが

問われます


※高市早苗総務相は衆院予算委員会で

●放送局が4条に繰り返し違反し、

改善しない場合には電波停止も

ありえると答弁した

●だが放送法は、表現の自由の確保や

民主主義の発達に資することが目的だ

「政治的公平」のように、いかようにも

判断できる条文について罰則を

持ち出すのはふさわしくない

●「政治的公平」は、政治権力と向き合い、

それとは異なる意見にも耳をすまして、

視聴者に多様な見方を示すことで保たれる


高市大臣は何にも間違ったことは

言っていないのに当時メディアから

大バッシングを受けた


メディアは政権政府または政治家個人を

批判できるが、政治家はメディアを批判できないのか


前回に衆議院解散総選挙において

朝日は「大義なき解散を迎えるなら、今回は

有権者が馬鹿にされたことになる」

「森友・加計隠し解散」と言われても仕方がない


朝日と同じように政府を非難している先生たちは

数カ月前は何とつぶやいていたのか? 

小沢一郎氏は「お友達にはベラベラ喋る一方、

国民にはまともに説明しないで逃げ回っている

おぞましい政権によるおぞましい政治は

選挙で止めないといけない」


それが解散を発表すると

「大義など初めからあるわけがない。

総理による権力の私物化を象徴する

『アベノタメノ解散』である」と


小池晃・共産党書記局長は

選挙前は「支持率低下の最大の理由は

安倍首相が信頼できない

内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が

必要と述べました」


解散決まると今度は

「臨時国会冒頭解散、いったい何を問うのか

もともと『大義』とは縁もゆかりもない政権だとは

思っていたがここまでとは」


こんな野党連中です

皆さん信用できますか


まだまだ他の政治家も入れると枚挙に

暇がないほどあります


朝日のくやしげに話している記事が

「若年層 底堅い自民支持」

左翼政党を支持している人は60、70代の

人たちが多いと言うことです


つまり、ネットを見ない人ややれない人の

高齢者が不支持なのです


ボクの子どもたちもそうですが若い世代は

常にネットと隣合わせです

pc640-02.jpgpc640-02.jpg

だから、バランスのとれたネットをみて、

偏向報道かフェイクニュースか自分たちで

判断しているのです

若い世代の方がはるかに知っています



最近の各メディアの著しく過剰なほどの偏向報道が

これ以上続けば、近い将来TV局や新聞の

崩壊・消滅も有りゆると思う


ゆえに日本のメディアも、もっと危機感を

持ってバランスのとれた報道をすべきだ


最後に朝日の社員の皆さんも

マインドコントロールされてるかのように

一丸となって偏向報道に走っています


あなた達は果たして自分の子どもに

誇れますか



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

放送制度概論ーー新・放送法を読みとく [ 鈴木 秀美 ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)
















👊元朝日新聞記者の内部告発



posted by CAMくん at 09:40| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事