2018年05月03日

報道されない「比マニラ慰安婦像撤去」

フィリピンの華人団体などがマニラに設置した

日本軍占領下の慰安婦を象徴する女性像が

4月27日に撤去された

マニラ湾1.jpg

マニラ湾2.jpg


安倍首相と親しいドゥテルテ氏の日本との関係を

重視する判断が影響と伝えている


ドゥテルテ氏は4月29日のフィリピンメディアの

記者会見で、像の建立や撤去はわれわれ政府が

関知しないとした上で

「日本の償いは何年も前に始まっていた 

日本を侮辱するのはもうやめよう」などと述べた


今後は公共の場への設置に反対する考えを示した

フィリピン1.jpg


そうなんです 実はボクも1985年1995年までの

10年間12度のフィリピン訪問で好意的なフィリピン人の

皆さんを知っていました


📷過去10年以上もの間毎年一回フィリピンの

戦地を訪れ、学用品や中古スポーツ用品などを

各学校へ贈った秋田17比島会の亡き団長と

バイ小学校校長とのツーショット
フィリピン3.jpg


彼らは日本の援助や日本企業の進出に、

いつも感謝していました

フィリピンの子供たちは日本語学びたい



日本に行きたいと希望している子供も

多くいます

反日教育などは一切ありません

むしろ先進国日本と国際社会へ貢献している日本の

素晴らしさを教えているようです

📷ボクたち日本人が訪れると大拍手で歓迎してくれる

フィリピンの生徒たち
フィリピン2.jpg


ましてこの慰安婦なんて、いたのかその存在さえ

明らかになっていないのです


2017年12月8日のこの慰安婦像の除幕式が

行われて以来時折訪れる現地の観光客は

この慰安婦と言う意味さえ理解できていなかったと

される 現地での取材からは、政府機関である

「フィリピン国家歴史委員会」の暴挙と、地元の華人組織を駆使した

中国の策略が垣間みえるのである
マニラ湾3.jpg


終戦をフィリピンマキリン山にいたボクの

父でした 父は戦犯容疑者として

当時終戦後3年もカランバ収容所に

拘束されていたが、その後無罪とされ

無事帰還したが当時60万人いた日本軍兵士の内

50万人が戦死


その中にアメリカ軍に殺害された兵士

フィリピンゲリラ部隊や民間人によって殺害された兵士

追い詰められ餓死した兵士

マラリヤと言う病気で死んでいった兵士

戦犯容疑者として処刑された兵士など

様々でした


数字は定かではないがアメリカと日本の戦火の

渦に巻き込まれたフィリピン人(ゲリラ部隊も含む)は

約100万人と言われている


この中に殺害された慰安婦は入っていたなどの

報道は現地でも明らかになっていないのである


🎥フィリピンマニラ市内(リサール公園・サンチェゴ要塞)


🎥 モンテンルパ刑務所(無実の叫びより)


🎥ああモンテンルパの夜は更けて 渡辺はま子


🎥ああモンテンルパの夜は更けて


🎥フィリピンの歌手サリー(Philippines singer sally)


🎥マニラのナイトクラブ(The nightclub in Manila )



















posted by CAMくん at 15:35| Comment(0) | フィリピン情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事