2018年05月12日

箏恩師との30年ぶりの出会いに感激

「先生、私をご存じですか?30年ぶりです

実はまた箏は始めたいんですが・・・・」

と電話でお話した時の感激が伝わって来ました

ボクが電話をおかけした瞬間ボクを知ってくれていました


その人は現在宮城宗家大師範の野口裕子先生です


今も尚、健在で現役です



あれは40年以上前、当時何ら理由もなく、まして箏曲なんて

全く知識もなかった それは22歳のとき秋田市が仕事場のとき

仕事場の近くに箏・三絃教室という看板が

あった 箏曲の何に魅せられたかは

定かではないが、何故和楽器箏だっただろうか?


我が家の筝2.jpg

IMG_20180502_065202.jpg

IMG_20180502_065315.jpg


あるとすれば中学の音楽で宮城道雄先生の

春の海という曲を勉強しただけだった


でも、自分は今では宮城宗家大師範でいらっしゃる

野口裕子先生の門を叩きました


それ以来箏曲の魅力に取り憑かれるように

箏の練習に嵌っていったのである


野口先生の自宅での練習は丁寧で

かつ厳しかった

でも、そんな厳しさなんて、自分にとっては

箏の魅力に勝るものなしで一生懸命に練習に

励んだことは記憶として残っている


その後横手市に戻って来て横手市で練習場のある

その当時大師範の故大庭景子先生から師事


野口裕子先生とは箏の技術的な面で多少の開きが

ありましたが横手市で箏を指導してくれる所は

ここしかありませんでした


でもこの先生は自分に普通の13絃ではなく17絃という

いわばベースの役割を果たす絃が太く音色の低い箏を

練習・指導をするようにと指示を受けましした


大庭先生はボクが男だから、そしてこの当時17絃奏者が

いなかったことから、ボクが適任者と思ったかもしれない


自宅にお借りして練習に励んだが、どうも好きになれず

練習に全く行かなくなりました


そんな時、野口裕子先生の一番弟子の平田正子先生

横手市平鹿町浅舞に来て練習指導してくれると

言うお話を聞き早速ご挨拶にいき、それからは

猛特訓の日々でした


ついに瀬音というテンポの速い難しい曲まで

たどり着きました 免除は皆伝までいただきました


その後なぜ途中で辞めたのか自分自身でもわからない

原因があるとすれば、ブライダルのビデオ撮影の仕事に

携わったからかもしれません


でも昨日「30年ぶりまた箏を始めたいんですが」と

野口先生に電話をしたところ

あの頃と同じ声で喜んでくれました


そして無性に会いたい、そして先生の

神の演奏を聴きたいと

居たたまれない気持ちになっております


残念ながらこの発表会には行けません

母の法事と重なっています

筝曲宮城会秋田.jpg

筝曲宮城会秋田2.jpg


箏曲の古曲を弾き練習することは基本だとは思いますが

近い将来(今秋)は、このような箏でポップスや

ジャズなど外国方々を興味を持たれる曲を弾きたいと

思っています


🎥Fly me to the moon 琴JAZZ 和楽器ジャズ



こんな曲を弾いてステージ発表をしたい

🎥"Midare" Yamaji Miho (koto) in Moscow



🎥筝曲「六段の調」Atsuko Yoshida



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【琴/箏用】鳥居台(琴台)(13絃琴用)
価格:1836円(税込、送料別) (2018/5/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD] COLEZO!TWIN!: 春の海・六段 箏の名曲
価格:2948円(税込、送料別) (2018/5/12時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

箏のいろは CD付箏入門 [ いぶくろ聖志 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/5/12時点)









posted by CAMくん at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事