2018年05月24日

愛媛県が国会に提出した内部文書について信ぴょう性に疑問

愛媛県が国会に提出した新たな内部文書について

愛媛県の加戸前知事は「たぶん、今治市が、

加計学園からそれらしきことを聞いて県に伝え、

県がメモにしたのだろう。

伝聞のまた伝聞で、メモがあるから絶対に

正しいということにはならない」と指摘


安倍総理大臣は、加計理事長と

獣医学部新設の話はしていないと

して文書の内容を否定

東京駅5.jpg

上記画像は、このブログと直接関係はありません


安倍総理大臣は「平成27年2月25日に

加計理事長とお会いしたことはない

加計理事長が官邸を来訪した記録は

確認できなかった」と述べた


野党の厳しい追及が続くそして、安倍総理大臣の

答弁の信ぴょう性が大きく揺らいでいる

野党議員が「愛媛県側がうそを

書いたとでも言うのか」と追及


これに対して加戸前知事は

首相がきっぱり否定したのだから

学園側の作り話だったと思う


そして、獣医師会に一切メスを入れないというのは、

不思議な国会だ。徹底的な「悪」は、

既得権益を死守するために獣医学部の

新設をつぶしてきた獣医師会なのだがと

疑問視した


尚、愛媛県側が提出しら新内文書は

首相について書かれているところだけ

ゴシック体なのである

他すべて明朝体なのに


県の職員がメモした文書が国会追及のために

わざわざ、その部分だけゴシック体で

書かれることなんてありゆるだろうか


でも、野党は安倍総理への攻撃追及のみで

メディアもこれに対しての記事は一切述べない


Twitterでは、この新内部文書について

多くの信ぴょう性を疑っている投稿が目立つ


でもTVや新聞では何故報道しないのでしょうか



それにしても、一部の県職員が簡単に聞いてメモを

とったものが証拠として国会議論の場の提出され

国会論議されることが正し選択でしょうか


各町や村でこんなことやっていたら

議会がストッブしてしまいます




















posted by CAMくん at 06:41| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事