2018年10月30日

若い世代に受け継がれる地元伝統芸能(岡本新内)

「岡本新内」とは、明治、大正、昭和初期に

かけて秋田県内に広く流行した

日本舞踊である


江戸の歌舞伎役者の市川団之丞が

安政の頃(1854〜1860)に

平鹿郡今宿村(現・横手市雄物川町)に

おいて創作されたと言われている


その岡本新内が今岡本新内伝承会の

皆さんによって若い世代に受け継がれている


DSC_0476.JPG

DSC_0463.JPG

DSC_0501.JPG

DSC_0486.JPG

DSC_0495.JPG


🎥岡本新内(若い世代に受け継がれる雄物川町芸能文化)



🎥雄物川町岡本新内伝承会(第11回横手市民ステージ祭)



🎥岡本新内動画(市川団之丞に伝え・・・保存会より)



🎥岡本新内動画(次の世代へ・・・伝承会より)






posted by CAMくん at 06:17| Comment(0) | ステージ発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事