2018年11月24日

素晴らしい筝曲演奏を後世に伝えたい

筝をいつもいる居間に持って来てから

かなり練習量が増えた気がする


いつも思う事だが地元に長年住んでいて

箏曲演奏なんて今年になって湯沢市で

生田流正派の皆さんの演奏を聴くまでは

過去30年もの間一度も聴いたことが

ありませんでした


地元の小中高でもどれだけ和楽器の普及に

努めているか疑問だ

私の先生も箏曲のステージ発表は

しばらく行わないとの事


ギターやピアノの弾き語りやバンド演奏や

合唱なら数多く横手市では

イベント会場やライブハウスで

演奏され歌っている


何故筝演奏が出てこないだろうか

現代の子供たちが筝の音色の

素晴らしさを理解出来ているだろうか


筝は古曲を弾くことにより最大限に

その素晴らしい音色が活かされる

現代曲も筝では弾ける


まだ学生だった頃知り合いが在学中に

聖霊短期大学の学園祭に

招待されていったとき邦楽部が

あり多くの部員たちがお筝を

並べて弾いていた


今もその邦楽部が存在しているかは

知る由もないが

自分がまだ現役でバリバリの

ときだったので「六段の調べ」

弾いてもいいですかと言ったら

OK をいただいたので早速弾いていたら

この部員の皆さんにとって六段の調べは

レベルが高いと言っていました


秋田県内の学校では一体どれくらいの

数の学校に邦楽部があるだろうか


でも自分はたくさん練習をして来年に

なったらいろんな場所で

お筝の素晴らしさを伝えていきたい


桜満開時に桜の下での路上ライブもやりたい

ライブハウスやステージ会場でも

披露演奏したい

これが今の自分のささやかな夢で

あるし目標でもある


最後に普通の長い箏と

短い文化箏とは音域と音色が

違います



🎥日本舞踊 藤間流(Japanese Dance:箏演奏あり)


🎥六段の調べ
(Traditional Japanese music container performance)




自宅で箏演奏1.jpg

自宅で箏演奏2.jpg













posted by CAMくん at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事