2019年01月20日

箏曲「夕顔」の唄に心惹かれる

箏曲「夕顔」は唄あっての古曲だと思う


源氏物語の夕顔の巻で亡くなった女の

情念か、何か物悲しく感じる


今日は、この曲をより表現するための

練習でした 


唄は あたり 二重あたり

を確実に唄えるようにと

奏法では すぐ押し と ゆっくり後押し

指導していただきました

箏曲は、ただ楽譜通り弾くのではなく、

その曲の楽譜にもいろんな意味があることを

改めて知ることが出来ました


夕顔の唄に心が惹かれる

ますます箏曲に夢中になっていきます。


夕顔1.jpg

夕顔2.jpg

夕顔3.jpg

夕顔4.jpg

















posted by CAMくん at 10:54| Comment(0) | 箏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事