2020年03月17日

2011.3.11で震災された小学校で行われた卒業式は?

3月11日は、学期の最後の朝会があった

3月中旬になっても、雪が降る寒い日が

続いていた


しかし、季節も、学校の暦も、確実に

春を迎えていた


年度末の慌ただしさを除けば、

その日もいつもと同じ、金曜日の

午後の時間が、ゆったりと

流れていくはずだった


そして――、午後2時46分

地震は起きた



当時、鈴木校長は、校長室にいた

揺れが強く、あまりにも長い

しかも、だんだんと揺れが強くなっている


過去に経験した宮城県沖地震に比べて、

この揺れの強さでは、校舎が

かなり危険だと直感した


着の身着のままで校庭に避難した子どもたちに

とっては、あまりにも寒い日だった

「体育館へでも移動しようか…」

そう教員同士で相談していたとき、

大津波警報が出た


鈴木校長は、やはりこれは、

ただ事ではないと感じた


そこで、そのまま第2次避難という形にして、

校舎の裏側の高台になっている日和山に

避難することにした


実は、この2日前の3月10日の昼前にも、

三陸沖を震源とするマグニチュード7.3の

地震が発生


宮城県北部で震度5弱を観測する強い揺れがあった


この時、津波注意報が解除される前に

授業を再開してしまったクラスがあり、

「指示を聞かないということは、

命を守れない事になる」と

改めて防災体制を徹底したばかりだ


「そのときのことが、結果的に訓練になっていた」と

校長はいう


とくに、避難の時は「絶対しゃべらない」と

いうことを徹底してきた。いざというときに、

「放送が聞こえず、指示の通らない状態にはしない」と

いう指導が生きたのだ


日和山に着いてから、津波の第1波は、

まもなくやってきた


地震が発生してから、45分ほどが経過していた


渦を巻くような形で家屋が道路に流れてきて、

道を走っている車にも波が

来てしまったのを見ました

津波を目の当たりにしたのは初めてでした


そして、津波は、校舎にまで押し寄せた

校舎には、避難してきた近隣の住民に

対応するために、教頭、教務主任、

用務員、新任の教師の4人が残っていた


町に流れ込んだ津波が、学校にたどり着くまでの

時間は、あっという間だった

校舎は1階天井付近まで水没した



「日和山にまで波が押し寄せてくるのではないか」

鈴木校長は、そんな錯覚すら抱いた


日和山の一番高い部分にある鹿島御児神社まで、

子どもたちを連れて逃げざるを得なかった


学校から避難する際に、職員がブルーシートを

持ってきていた

そのブルーシートは、寒さに震える子どもたちを

風と雪から守るのに役立った


また、そのシートの中にいたために、

子どもたちは自分たちの町や家が津波に

飲み込まれる光景を見ずに済んだ


学校の東側の出入り口付近からも

火の手が上がった。町とともに、

門脇小学校の校舎は炎上した



震災から4,5日後の3月15日頃、

教頭と一緒に、黒焦げの校舎に入った



校長が気がかりだったのは、金庫だ

金庫の中には、137年の歴史を

物語る学校沿革史などの書類と、

歴代の校長やPTAの書類、

間近に迫った卒業証書などが

入っているはずだった


金庫をバーナーで焼き切っていただいて、

見たらですね

6年の担任が『証書がある』っていうんです

他の書類は、濡れていたりしたんですが、

包装紙にくるまれてあった卒業証書だけは、

水にも濡れずに、本当に見事に美しい状態で

出てきたんです」


証書を守っていたのは、コピー用紙などの

包装にも使われるワンプだ

湿気を防止するために裏側が防水仕様に

なっている紙であったことが幸いした

沿革史も無事だった


「教育活動をきちんと記した物を

受け継ぐってことが伝統・歴史になる


団結力のある門脇町や南浜町の人たちと一緒に

なって作ってきた門脇小学校の歴史ですから、

今回の地震もその中に記されて、

次につながっていくと思うんです」


「私としては、沿革史が残ったことも、

うれしかったです

明治6年からの歴史ある学校の財産

私の代で何も残さずに

終わってしまうかもしれない

ということが非常に辛かったですね


沿革史があれば、また歴史を

足していけますからね

これは、子どもたちの希望の確かな証に

なると思いました」



そして、それから一か月後に門脇中学校の

視聴覚室で平成22年度卒業式が

行なわれたのである

DSC_0059.JPG


門脇小学校5.jpg


🎥【東日本大震災】門脇小学校の一か月遅れの卒業式



※新型コロナウイルスの影響で各地の学校が

休校となり、辛い思いをしている子供たちや

親御さんもいますが、あの東日本大震災で

大変な思いをした子どもたちや

亡くなった子どもたちを

思うと、何だよこんな事くらいでと

思ってほしいと思う



posted by CAMくん at 07:44| Comment(0) | 東日本大地震情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事