2020年06月15日

驚くべき姿(福島除染作業員としての1年8ヶ月)

それは、2013年4月〜2014年12月までの

1年と8ヶ月間福島に除染作業員として

働いていた


全国から多くの猛者が集まるこの現場

自分は元々童顔のため、顔をこわもてにした


頭を坊主刈りにして2か所に剃りを

入れてあごひげをはやし、サングラスを

かけた

DSC_0741.JPG


これで、除染作業員のつわものどもと

肩を並べられると思っていた


高額な賃金をもらえる除染作業員は

決して楽な仕事ではなかった


軽トラ、2t車、4t車を運転する仕事も

あったが、そのほとんどは手作業であった


私有地農地の表土を削り山の斜面の木を伐り

上から伐った木を運び、時には太い竹を伐り

下まで運び出しトラックに積んだり


かなりの重労働だ

最初の3日間は全く帰ってからは

立ち上がることさえ出来なかった


最初は人間関係に戸惑った

関西弁や広島弁のいわゆるドスの効いた

言葉に、ときたまダンマリ


でも北は北海道南は沖縄まで

いろんな人間は確かにいましたが


一つの仕事の目標が完遂したときの喜びも

あった


休みは福島のグルメ歩きや観光地巡り

演奏会、コンサートを聴きに行ったり


中でも川俣高校の学園祭まで行って来ました


DSC_0052.JPG

DSC_0058.JPG

DSC_0042.JPG

DSC_0040.JPG



これらが唯一の楽しみでした


辛く苦しい仕事でしたが、何とか


川俣町山木屋地区と飯舘村での

自分たちの仕事は終了したのである

PAP_0003.JPG

PAP_0004.JPG

PAP_0008.JPG


だから、こちらに帰って来てからは除雪

た農家の仕事などのどんな重労働も

楽に出来るようになったのである



🎥【福島除染作業】1年8ヶ月働いて
 (ありがとう福島)




🍴福島の美味しいグルメから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリームボックス 10個入り 郡山ご当地パン 福島グルメ *
価格:3300円(税込、送料別) (2020/6/15時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なみえ焼そば ギフト箱仕様 3食入り
価格:1080円(税込、送料別) (2020/6/15時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本格ちぢれ麺 喜多方生ラーメン 6食入り
価格:1080円(税込、送料別) (2020/6/15時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

会津生そば (半生) 3人前
価格:702円(税込、送料別) (2020/6/15時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】福島名産 阿武隈の紅葉漬 300g
価格:5000円(税込、送料無料) (2020/6/15時点)













🍴川俣シャモグルメ

DSC_0203.JPG

DSC_0187.JPG





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川俣シャモ スモーク バラエティセット
価格:3348円(税込、送料別) (2020/6/15時点)






























posted by CAMくん at 08:24| Comment(0) | 東日本大地震情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

2011.3.11で震災された小学校で行われた卒業式は?

3月11日は、学期の最後の朝会があった

3月中旬になっても、雪が降る寒い日が

続いていた


しかし、季節も、学校の暦も、確実に

春を迎えていた


年度末の慌ただしさを除けば、

その日もいつもと同じ、金曜日の

午後の時間が、ゆったりと

流れていくはずだった


そして――、午後2時46分

地震は起きた



当時、鈴木校長は、校長室にいた

揺れが強く、あまりにも長い

しかも、だんだんと揺れが強くなっている


過去に経験した宮城県沖地震に比べて、

この揺れの強さでは、校舎が

かなり危険だと直感した


着の身着のままで校庭に避難した子どもたちに

とっては、あまりにも寒い日だった

「体育館へでも移動しようか…」

そう教員同士で相談していたとき、

大津波警報が出た


鈴木校長は、やはりこれは、

ただ事ではないと感じた


そこで、そのまま第2次避難という形にして、

校舎の裏側の高台になっている日和山に

避難することにした


実は、この2日前の3月10日の昼前にも、

三陸沖を震源とするマグニチュード7.3の

地震が発生


宮城県北部で震度5弱を観測する強い揺れがあった


この時、津波注意報が解除される前に

授業を再開してしまったクラスがあり、

「指示を聞かないということは、

命を守れない事になる」と

改めて防災体制を徹底したばかりだ


「そのときのことが、結果的に訓練になっていた」と

校長はいう


とくに、避難の時は「絶対しゃべらない」と

いうことを徹底してきた。いざというときに、

「放送が聞こえず、指示の通らない状態にはしない」と

いう指導が生きたのだ


日和山に着いてから、津波の第1波は、

まもなくやってきた


地震が発生してから、45分ほどが経過していた


渦を巻くような形で家屋が道路に流れてきて、

道を走っている車にも波が

来てしまったのを見ました

津波を目の当たりにしたのは初めてでした


そして、津波は、校舎にまで押し寄せた

校舎には、避難してきた近隣の住民に

対応するために、教頭、教務主任、

用務員、新任の教師の4人が残っていた


町に流れ込んだ津波が、学校にたどり着くまでの

時間は、あっという間だった

校舎は1階天井付近まで水没した



「日和山にまで波が押し寄せてくるのではないか」

鈴木校長は、そんな錯覚すら抱いた


日和山の一番高い部分にある鹿島御児神社まで、

子どもたちを連れて逃げざるを得なかった


学校から避難する際に、職員がブルーシートを

持ってきていた

そのブルーシートは、寒さに震える子どもたちを

風と雪から守るのに役立った


また、そのシートの中にいたために、

子どもたちは自分たちの町や家が津波に

飲み込まれる光景を見ずに済んだ


学校の東側の出入り口付近からも

火の手が上がった。町とともに、

門脇小学校の校舎は炎上した



震災から4,5日後の3月15日頃、

教頭と一緒に、黒焦げの校舎に入った



校長が気がかりだったのは、金庫だ

金庫の中には、137年の歴史を

物語る学校沿革史などの書類と、

歴代の校長やPTAの書類、

間近に迫った卒業証書などが

入っているはずだった


金庫をバーナーで焼き切っていただいて、

見たらですね

6年の担任が『証書がある』っていうんです

他の書類は、濡れていたりしたんですが、

包装紙にくるまれてあった卒業証書だけは、

水にも濡れずに、本当に見事に美しい状態で

出てきたんです」


証書を守っていたのは、コピー用紙などの

包装にも使われるワンプだ

湿気を防止するために裏側が防水仕様に

なっている紙であったことが幸いした

沿革史も無事だった


「教育活動をきちんと記した物を

受け継ぐってことが伝統・歴史になる


団結力のある門脇町や南浜町の人たちと一緒に

なって作ってきた門脇小学校の歴史ですから、

今回の地震もその中に記されて、

次につながっていくと思うんです」


「私としては、沿革史が残ったことも、

うれしかったです

明治6年からの歴史ある学校の財産

私の代で何も残さずに

終わってしまうかもしれない

ということが非常に辛かったですね


沿革史があれば、また歴史を

足していけますからね

これは、子どもたちの希望の確かな証に

なると思いました」



そして、それから一か月後に門脇中学校の

視聴覚室で平成22年度卒業式が

行なわれたのである

DSC_0059.JPG


門脇小学校5.jpg


🎥【東日本大震災】門脇小学校の一か月遅れの卒業式



※新型コロナウイルスの影響で各地の学校が

休校となり、辛い思いをしている子供たちや

親御さんもいますが、あの東日本大震災で

大変な思いをした子どもたちや

亡くなった子どもたちを

思うと、何だよこんな事くらいでと

思ってほしいと思う



posted by CAMくん at 07:44| Comment(0) | 東日本大地震情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

門脇小学校9年目の今

 東日本大震災の教訓を後世に伝えるため、

宮城県石巻市が「震災遺構」として

本校舎は中央部分の1〜3階を保存し、

両端は解体する

 この甚大な被害を受けた旧門脇小学校では

保存対象外の部分の解体など整備工事が

2019年11月から始まっている


2020年3月11日、武漢ウイルスの感染防止のための

自粛もあってか、9年目のこの日訪れる人も

少ない


 東日本大震災にて、黒焦げとなった門脇小学校の

一か月遅れの卒業式が行われた


その時の校長の挨拶が印象的だ


「ひと月遅れになりましたが、

多くのみな様のご厚情とご配慮によって、

ここ門脇中学校を会場に、


平成22年度石巻市立門脇小学校の卒業式が

行われますこと、心より感謝申し上げます」

校長の声は震え気味で、

少し涙ぐんでいるようにも見える


「いま、巣立ちゆくみなさん1人1人に、

卒業証書を手渡しました


この卒業証書は、6年間の小学校の学業を

修めたという証です

卒業証書を受け取るときのみなさん、

真っ直ぐな視線、堂々とした態度に、

大震災を乗り越えようとする強さと

たくましさが感じられます


悲しいことに、まだ行方不明の○○君、

また、震災後、石巻の地を離れ、

新しい土地で、新学期を迎える子どもたちに、

この卒業証書を直接渡すことが

できなかったことが、残念でなりません


門小の桜周辺で遺体捜索する自衛隊員
(2011年4月26日)

門小の桜周辺で遺体捜索する自衛隊員
(2011年4月26日)


あの尋常ならざる強い揺れの中

あなたたちは、校庭へ一時避難。無事、全員の

点呼確認が終わるやいなや、大津波警報の

知らせに、そのまま日和山へ


鈍色の雲が低く垂れ込め、

けたたましく緊急事態を告げるサイレンの音、

雪がことなげに吹き付ける悪条件が

加わるという不穏な雰囲気の中、


あなたたちは、地域のお年寄りや、

小さな子どもたちの手を引きながら、

落ち着いた足取りで避難したのでした



日和山へたどり着いても、

寒さに震える下級生を守ろうと、

教頭先生から渡されたブルーシートの

端を持ち、待ち続けたのでした


非常時において、あのように思いやりの

行動が取れるということは、

大変すばらしいことだと感心させられました


きっと下級生や、地域の方の心にも、残ることでしょう

日和山から望む私たちの街は、

本当に美しい街でした

学区の東側を流れる北上川は、

日和大橋からゆったりと太平洋に注ぎ、

揚々と臨みを抱かせる海に面した山は、

石巻の顔であり、私たちの自慢の風景でした


それが、あの日、大海原は、川を変え、

牙をむき出し、一瞬のうちに、

私たちの街を呑み込んでしまったのです


そして、がれきの山と化してしまったのです


すさまじい光景。惨状

自然の脅威に、語るべき言葉を失ってしまいました

私たちの校舎も、大破、炎上しました

燃え尽くされ、黒焦げになってしまった校長室

その中で、堅牢な耐火金庫のみ、なぎ倒され、

残っていました


みなさんが、いま手にした卒業証書は、その中に

あったんです


まさに、奇跡といえるのではないでしょうか


この卒業証書は、みなさんのこれまでの努力と、

頑張ってきた姿を、しっかりと認め、

励ますために、生きていたのだと思います

希望の確かな証である、

この卒業証書を手にしたみなさん、

これから歩みゆく道は、

険しく、厳しいものであろうとも、

それを切り抜くエネルギーを持ち、

強く生きてください


そのことを切に望みます。多くの人たちが、

支えてくださっているのですから


保護者のみなさん、子どもたちは、

感謝の気持ちを込めて、思い出の残る最高の式に

したいという願いを持って、

前進を重ねてまいりました


そのすべてをお見せすることができない形で、

このような卒業式になったことをお許しください


しかしながら、私はこの卒業生の姿に、

いまなお、黒く焼け焦げた校舎の屋上で、

燦然と輝いている『すこやかに育て、心と体』

門小が目指してきた子ども像です


子どもたちのこの成長ぶりこそ、

これまで『子育ては共に』を合言葉に、

学校、家庭、地域がともに手を携え、

愛しみ、育ててきた、何よりの財産なのでは

ないでしょうか


1000年に1度という大津波に遭遇し、

愛する街、愛する人、思い出いっぱいの

学びの校舎は、失われてしまいましたが、

子どもたちを愛しみ、育ててきた営みは、

137年の歴史と伝統をもつ門小の1ページ、

確かな歩みとして、刻まれることと

確信しています


未曾有の災害の中で、重ねた命です

厳しくも前途多難な子育てになると思いますが、

子どもたちがそれぞれの道で、

春を迎えることができるよう、

親として、大人としての務めを

果たそうではありませんか


『桃花笑春風(とうかしゅんぷうにえむ)』

この言葉は、奇しくも3月11日の朝会で、

子どもたちに贈った言葉です


困難を乗り越え、強く生き抜くことを

祈念してやみません


巣立ちゆく 被災の子らに 

桜かな。卒業、おめでとう! 

ひと月遅れの卯月の卒業式」



DSC_0047.JPG

DSC_0049.JPG

DSC_0051.JPG

DSC_0059.JPG

DSC_0053.JPG

DSC_0060.JPG



🎥【小学校卒業式】感動する校長式辞
 (一隅を照らす尊い命)


🎥【東日本大震災】石巻市立門脇小学校とその周辺






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

芋焼酎 河童の誘い水 MAGNUMボトル 【箱入】 20度 1500ml 
価格:4180円(税込、送料別) (2020/3/13時点)




























posted by CAMくん at 09:14| Comment(0) | 東日本大地震情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事