2017年11月02日

素晴らしき日本の文化「茶道」tea ceremony

茶道」は英語では、”tea ceremony

(ティー・セレモニー)”、「お茶の作法」「お茶の儀式」

DSC_0888.JPG

DSC_0891.JPG

DSC_0893.JPG

DSC_0894.JPG

DSC_0896.JPG

DSC_0898.JPG

DSC_0899.JPG

DSC_0903.JPG

DSC_0904.JPG

茶道は『茶湯(ちゃとう)』や『茶の湯』とも呼ばれ、

古くからお茶を楽しむために、数多くの作法の元で

行われてきました


古くは千利休によって侘び茶が確立され、

それ以前からの流派も含め、様々な多くの

流派が茶道を現在まで受け継いできています

🎥Tea Ceremony
  (茶道・第46回雄物川芸術文化祭)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

北見宗幸DVD茶道教室 裏千家 [ 北見宗幸 ]
価格:2138円(税込、送料無料) (2017/11/2時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

裏千家DVD茶道教室 濃茶(風炉・炉)薄茶・炉 [ 北見宗幸 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/11/2時点)











posted by CAMくん at 12:57| Comment(0) | お祭り・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

今年の絵どうろうは背景に力を入れた

今年で湯沢市七夕絵どうろうへの参加は

平成25年度を始め、昨年度と

3回目だ 今、家族に反対されている


その理由は?大きくて家の中に置く場所が

ない事と制作までの20日までの間

ほとんど家の仕事も顧みず没頭したことが

原因だ


平成25年に友人の勧めで初めて参加したときは

その素材を何にしようか、随分と迷った


ネットでいろんな美人画を検索した

中でも鶴田一郎と言う画家を見つけたとき

一瞬衝撃が走った そしてこれだと思った


そして、表と裏2枚を描くことで1基です

縦1.8m、横1.2mで畳一枚より少し大きめの

サイズだ 毎回だが色塗りに苦労する


鶴田一郎氏の絵は単色が多く、絵どうろうには

適していないと思うが自分は今年はアレンジを

した それは背景に力を注いだ


ほとんども初心者の参加者は人物を描くことで

精いっぱいのため背景には手が回らないのが

普通である でも実際出来上がった絵どうろうを

見ると複雑な背景があるから、美人画引き立つことも

あることを知った
絵どうろう美人画1.jpg

絵どうろう美人画2.jpg

絵どうろう美人画3.jpg

絵どうろう美人画4.jpg

絵どうろう美人画5.jpg


🎥七夕絵どうろうまつりの美人画(秋田県湯沢市)

夜の明かりから映る絵どうろうを撮影したかったが

いろいろな家の事情と、大きなビデオカメラを持っての

撮影は体力的にも無理となり、簡単撮影できる

タブレットの撮影なら軽いので楽です

でも、全て手持ちなので手振れが起こしやすく

長い固定画面は難しい 意識をして撮影は

しているが・・・・・・なかなか難しい










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長期熟成本格焼酎 無彊爛漫(むきょうらんまん)720ml*6本
価格:10080円(税込、送料無料) (2017/8/9時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雄勝地方特用林産物農業協同組合 細竹水煮(瓶) 500g
価格:2376円(税込、送料別) (2017/8/9時点)



posted by CAMくん at 10:36| Comment(0) | お祭り・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

絵どうろうの一枚目がなかなか完成しない

湯沢市の七夕絵どうろうまつりまで

20日余り

一枚目がなかなか完成しない

今まで2基(表と裏計4枚)描いたが

人物よりバックを簡単に仕上げていたからだ


でも、今年は人物は画家「鶴田一郎氏」の絵を

真似ているがバックは葛飾北斎の有名な波の

絵を描いているからだ
絵どうろう1.jpg

仕事の休みを利用して描いているため

かなりきつい

すでの先生はボクの絵より4倍くらい大きい絵を

4枚目に取り掛かっているのだ
絵どうろう3.jpg

絵どうろう2.jpg

でも、絵どうろうを描く人たちも高齢化しているらしい

ボクもその内に入っていると思うが

今年で3年目突入したが、自信はない


まだまだ未熟だ

今年は英語で説明も加えようかとも思っている


Welcome to Yuzawa-City in Japan.

This picture drew a woman in Edo

in the Japanese history.

Most women wore such hairstyle

and kimono this time.

Please enjoy sightseeing.



🎥七夕絵どうろうまつり(秋田県湯沢市)


🎥2012七夕絵どうろうまつり(湯沢市)HD


🎥A Japanese beautiful-woman picture
/2013湯沢市七夕絵どうろうまつり その1HD



🎥2013湯沢市七夕絵どうろうまつり その2HD
posted by CAMくん at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お祭り・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事