2017年01月04日

秋田県横手市の金運神社はここだ!(旭岡山神社)

秋田県横手市にある金運神社の

旭岡山神社

参拝者たちに幸せをもたらすと言う

大同2年(807年)、征夷大将軍坂上田村麻呂東征の

際にご祭神を勧請創祀したと伝わったとされる神社
IMG_20161225_142530.jpg

旭岡山神社は古くから産業開発、開運授福、

心願成就の神として崇められてきました
IMG_20161225_143509.jpg

IMG_20161225_144525.jpg


この神聖な場所で仕事の発展や金運アップを

お願いすることにより、今後の将来に変化と期待が

山頂までは40分ほどかかりますが、

根気強く上っていきましょう

IMG_20161225_144621.jpg

IMG_20161225_144648.jpg

登りきるとそこで待っているのは

聖地を思わせる神々しい境内で

一気に視界が変わります


🎥横手市の金運神社 (旭岡山神社)



毎年2月になるとぼんでんが奉納されます
🎥旭岡山神社ぼんでん奉納(秋田県横手市)



🎥2013横手市旭岡山神社ぼんでん奉納HD/
The Yokote Japanese-New-Year event of Japan













posted by CAMくん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建造物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

神の宿る、神の化身の木戸五郎兵衛神社とその周辺

昔々、神社の神霊が武士の姿を借りて

京の伏見大社に、修行に上洛した際に、

宿場で同宿した病んだ旅人に、

霊薬と路銀を与えて去ろうとしました

病気の旅人に助け名前を教えるために

「奥州仙北の沼館の住人”木戸五郎兵衛”で

伏見に行く所だ」と言った

  その後、その旅人が捜しに来たが見つからなかった

その時伏見に行くことを思い出して

 この神社にお参りしたところ、

武士の姿をした神様が現れたとのこと

旅人は持ってきたお金でこの神社を

建てたと言う話です

武士は、「吾はこの社の明神なり」と

言って消えていきました

合格祈願・挑戦成就・五穀豊穣
IMG_20161113_074450.jpg

IMG_20161113_074358.jpg

🎥木戸五郎兵衛稲荷神社と
 木戸五郎兵衛村(横手市雄物川町)


IMG_20161113_074421.jpg

IMG_20161113_075157.jpg

IMG_20161113_075243.jpg

その周辺木戸五郎兵衛村
IMG_20161113_074947.jpg

IMG_20161113_074852.jpg

IMG_20161113_074512.jpg

IMG_20161113_074614.jpg

IMG_20161113_074743.jpg


🎥木戸五郎兵衛村(横手市雄物川町) と桜


🎥雄物川町立雄物川北小学校(思い出4)しめ飾作り


🎥かまくら(横手市木戸五郎兵衛村2011)


🎥2013かまくら撮影会(横手市雄物川町)
  HD/The Yokote Japanese-New-Year event of Japan


🎥2014かまくら撮影会(横手市雄物川町)/
  The marchen of the snowy country in Japan



🎥横手市雄物川町木戸五郎兵衛村ライトアップ


🎥雄物川町初午まつり(思い出8)
posted by CAMくん at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建造物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

来る8月5・6・7日の湯沢市のお祭りの絵どうろうを描く

すでの20歳の頃から知っていた湯沢市の

絵どうろうまつり

デッサンが好きでした


 でも、この絵どうろうは自分の描いていたものと違う

浮世絵・日本の美人画でも平安から江戸時代の風情の

ある美人画が多い

 わたしのは違う 画家鶴田一郎氏が好きだ

現代風美人画の中にファッション風の美人画や

ちょっと妖艶な美人画もある

絵どうろうを描く.jpg



色は単色で、複雑な模様はない 目は釣りあがっているが

潜在能力は優しさがあるような気がする

実写の現代風の美人画には愛よりも淋しさや孤独感を

感じる 心の潜在能力を引き出すことことが出来るから

画家鶴田一郎氏の絵を絵どうろうに描きたい

特に現代画の中でも髪の長い美人女性を

描きたい 仕事の合い間を縫っての作業だが

100%の満足感はないが、完遂しようとする努力が大切だ








posted by CAMくん at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史的建造物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事