2015年11月08日

韓国の朴槿恵大統領の反日感情

 去る11月1,2日に日中韓首脳会談があった

ソウルで開かれたので、主導は韓国

朴大統領は中国の李克強には晩餐会でもてなしたが、

わが国の安部首相には昼食会さえ開かなかった

韓国の国民感情を意識してか終始慰安婦問題の

年内解決を求めたが、揺るがない安部首相は

1965年の日韓国交正常化の時点で法的に解決済み

姿勢を変えることはなかった 同時に、後世に遺恨を

残さないためにも、もう終わりしたいが、これ以上

日本では何が出来るか模索していたに違いない

かつてアジア女性基金から各元慰安婦の皆さんに償い金

日本が支払っているにも拘わらず、韓国の政府や

マスコミでは、それを隠し続けているのである

 まず、朴槿恵大統領の父親から話を進めたい

1963年〜79年まで、第5〜9代大統領朴正熙は

当時韓国国民から高く評価されている反面、独裁者として

批判された大統領もいませんでした

日本名を高木正雄として当時日本の影響下にあった

満州軍官学校に入隊し、関東軍の中尉として終戦を

迎え、朝鮮戦争時に軍役復帰、5.16クーデターを指導

その後大統領となり1965年日韓国交正常化協定により、

日本からの賠償金を韓国経済発展につぎ込み、

最貧国からOECDに加盟する先進国となりました 

しかし、当時から反日感情が強く、日本からの援助金などが

あったことなど韓国内で知られることはありませんでした

親日派としての悪の根源として語られるの嫌っていました

今の朴槿恵大統領も反日感情を世界に告げ口する、

常に慰安婦問題の謝罪と賠償を持ち出すことによって

韓国国民の人気を保とうとしているのである

でも、あの一時期の韓流ブームも影を落とし日本人の

訪韓も前年同期比では23.4%減少している






posted by CAMくん at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮と中国の脅威 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

南京大虐殺について思う

今月10日「南京大虐殺」が中国の申請によって

ユネスコの世界遺産に登録された

1937年当時の中華民国の首都南京市を日本軍が

占領したとき南京市民(捕虜含む)老若男女を問わず

二ヶ月で30万人を無慈悲に殺害したとされる内容だ

よく短期間で、これだけの大虐殺ができたものだと思う

簡単に言うと一日に5000人もの市民を殺害したことになる

日本の歴史の過去の戦いを紐解いてみても、

あの日本の戦国時代を顧みても

こんなに大勢の人々を殺害したことがあっただろうか

正に残虐行為そのもの

当時の日本軍人でも理性はあったと思う

帰国すれは家族もいたと思う

10万人、20万人、30万人とその数字だけが

膨れ上がり、一人歩きする

それに当時南京に30万人の人々がいたかすら

疑問視されているのである

この数字が真実かどうかもわからない


posted by CAMくん at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮と中国の脅威 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

戦争法案(?)とは誰が言った法案でしょうか

📝ここ川俣町にも「戦争法案反対!」

「戦争をさせない」などと特定の党の

看板が掲げられている

仕事が終了した帰りのバスの中で

必ず通る道端にある

先日国会デモとして12万人(?)と

大きくメディア取り上げていた

野党4党手を握って「廃案を目指す」

「安部政権打倒」共闘して叫んでいた

生活の党小沢○○氏もいた

この人たちは一体日本の方向性を

どうしようと言うのだ

久しぶりにメディアに登場した田中○○○氏までも

「完全に民主主義を無視」「お坊ちゃん政治」

「新国立問題は政治家が責任を取れ」などと

これぞとばかり痛烈に安部政権を批判している

安保法案反対のデモでは大学生や若い主婦が

目立つ 「戦争に行きたくない」「子供を戦争に

行かせない」などと叫んでいましたが

本当に、この人たちは徴兵制度あり、

また日本は戦争をする国になると思っているのでしょうか

この法案が通れば日本も各先進国とやっと

肩を並べられると思っているのだが

暴力要素を含む中国の脅威を

野党はどう考えているんでしょうか

先日の中国の抗日戦争勝利記念日の

軍事パレードをあなたたち戦争法案反対と

叫んでいた皆さんはどう捉えているんでしょうか

日本の戦争法案反対に

中国と韓国のニヤニヤとした笑いが見えてくる

posted by CAMくん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮と中国の脅威 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事