2017年10月25日

小池代表の排除の批判について

選挙後の小池代表の「排除」と言ったことの

批判が相次いでいる


この言葉を使ったことが悪いことかどうかは

知るよしもないが、当時の民進党は保守派と

リベラル派に分かれていましたね

元々保守派の小池代表にしてみれば

リベラル派を希望の党に入党させることは

真意ではなかったと思う


核武装論者でもある小池代表が民進党の

全ての議員を受け入れれるはずもない


当初から問題(リベラル派)のあった民進党議員は

公認せず踏み絵を踏ませたと言う話まで、

出た それはそれで良かったと思う


もちろん党の中には意見の違う議員も

それぞれいますが大局的には自衛権行使賛成、

安保理法案賛成なのである


そして、今また参院民進党がゴタゴタしている

北朝鮮がいつ暴発してくるかどうかわからないのに

野党の皆さんのあっちへ行ったりこっちへ行ったりの

大荒れが続いて国民を守れるだろうか










posted by CAMくん at 06:58| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

何故こんな政治家が当選してしまうんだろうか

自民党プラス公明党で3分の2

正に、今回の選挙は与党の大勝であった


でも、自分は素直に喜べないのだ

何故なら、どうしてこんな政治家が

当選してしまうのだろうか


自分の好き嫌いもあるだろうから

でも、こんな政治家をまた国会に立たせて

何の特があるだろうか


ボクの、その一番目は辻○○○○氏です

とにかく、この人国会質問がチグハグし過ぎ

記者の北朝鮮の核ミサイル発射実験に

正確な答えは最後までなかった


二番目は福島原発の事故の対応責任の

問題のあった菅○人氏である

この人希望の党に公認を本人はもらえる

はずだったが排除されてしまった方です


三番目は日本のこころの合流派の中○○○○氏です

この人は最初奥様に引率されてきたような

無所属で出馬しても当選見込みないから

希望の党に入党したようで、「安部首相が首相で

何故だめなんだ」と言っておきながら森本加計問題で

安部首相批判し始めたのである


次に4番目は僅差で当選した山○○○○氏です

不倫疑惑で週刊○○に掲載され、民○党を

離党し、安部首相に今なら勝てると

衆議院解散まで、追い込まれ

前原代表に民進党を解党にまで実現をさせた

張本人である


五番目は岩手の○沢○○氏です

かつては、首相候補と言われながら野党の

壊し屋なり、東日本大震災が起きたとき

周りを省みず、自分だけ遠くへ逃げて行ったことを

思い出されます


希望の党の敗北は、こん後どうなるんでしょうか

民進党に残った参議院の皆さんは

どうするんでしょうか

立憲民主党は共産党と共闘していくでしょうか

共産党代表の志位氏は「立憲民主党が第一野党に

なれてよかった」と喜んでいた


妻氏は昨日の討論会で「安部政権打倒を目指す」と

言っていた


民進党と同じで何でも反対を貫くのか

これからの国の姿勢が問われます


「今後は国民の理解を得ながら、おごらず

丁寧に政治をすすめていく」と述べたが、


北朝鮮や中国、そして韓国やロシア

そして、巨大アメリカを相手に

どんな政策や外交を行っていくんでしょうか


中には早急に対応策を決定しなければ

ならない諸問題もある


解決や決定まで長期化することは

許されないのです


森友加計問題をいつまでも問題視しているメディアや

野党に、そんなことを永遠に抗議しても

安部首相の関与なんか、今までの6ヶ月間で

一度も見つからなかったではないか


もう印象操作は止めにしてほしい

もっと、国益や国民のための政治をやってほしい

森友加計問題に議論している間

北朝鮮の核ミサイルの有事の対処方法や

中国の世界に覇権を打ち立てようと軍拡問題に

世界が一丸となって連携していくべきである


トランプ大統領の来日に拉致被害者親族と

会うと言う その拉致被害者の救出も視野に

入れての来日だと思う

拉致被害者が北朝鮮のどこにいるのさえ

わからないのに森友加計問題でいつまでも

騒いでいる時ではないのに何て

メディアと野党はお花畑なんだよ










posted by CAMくん at 07:00| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

衆議院選挙最終決戦に向けた小池新党の惨めさ

森友加計問題の安部首相の責任と

しがらみ政治の根絶

後だし公約の消費税10%凍結の無責任で安部首相への

攻撃攻勢に終始する


今攻撃されるかも知れない北朝鮮の危機にほとんど

一切触れようとしない

とにかく安部政権を崩そうの一点集中である


簡単に考えて日本の高齢化社会の対応策として

教育無償化と長寿100歳おの時代に添えての福祉の

充実や介護の確保で将来に不安与えない

教育無償財源や高齢化福祉の財源の確保を

しなければ日本の将来はない

日本人なら財源は大丈夫なのかと思うのが

当たり前のことです
yjimage (1).jpg


とにかく安部政権を崩す、安部一強政治にNO

これって個人的恨み(?)


都政の多くの問題をかかえながらも国政の代表として

リセットしたいと言う考えにはある程度は賛同するが

それでは安部首相のアベノミクスのどこが

訂正部分はどこあるのか検査してみる必要がある


ボクの個人的な仕事のなかでパート、契約社員

拘わらず、社会保険や厚生年金までついてきます


安部首相在任中の5年間株価高騰、低金利、デフレ脱却

若者の就職率倍増しています

確実に日本社会は進歩しています


実感がわがない 国や行政に任せていると大丈夫だと

思う安心な生活確保ではない

自分自身のことは自分で切り開いていくことが

条件となる

希望の党は誰が代表をやるんだろうか

11月にアメリカ大頭領トランプがやって来ます

ボクは安部首相が一番だと思う

外交にかけては安部首相しかいないのである


















posted by CAMくん at 21:50| Comment(0) | 日本の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事