2017年09月19日

ライダイハンとは?(韓国兵士の性的暴行で生まれた子供たち)

ライ┉混血、ダイハン┉大韓

ライダイハンとは、ベトナム戦争時に韓国軍兵士が

ベトナム女性を性的暴行して生まれた混血児


12日、英国の民間団体で「ライダイハンのための正義」の

設立のため英国のP.キャロル氏が「ベトナム戦争で

韓国軍兵士の性的暴力に遭った女性たちが苛酷な

人生を送っている」と訴えた


同団体メンバーのS.ヘンドリー氏も

「人間として恥ずべき行為が、ベトナムで

行われた 国際社会が被害女性と子供たちを

救うため立ち上がるべきだ」と

この画像はベトナム戦争と何ら関係ありません。
vietnam-2681566_1280.jpg


当時韓国の朴チョンヒ元大統領は延べ30万人以上の

韓国兵士をベトナムに派兵 その時韓国兵士たちは

13,14歳の少女を含む多くの女性に性的暴行を行い

その結果生まれたライダイハンは5千〜3万人いると

されるが、正確な人数は明らかではない


75年にベトナム戦争が終結した後南ベトナム政府の

崩壊により、共産党政権下でライダイハンは

「敵国の子として迫害や差別を受けて来たという


フーカイン省トイホアにある9つの部落では

女性と子供、そして老人たち900〜9000人を

虐殺されたとされる


その残虐行為の内容は目を疑いたくなります

「子供たちをの首を切り落とし、手足を切断して

火の中に投げ込む」「妊婦の腹から胎児が

飛び出すまで踏みつける」という生存者の

証言内容が報告されている


日本の歴史上で、このような残虐行為が

あっただろうか


そして、村を追われ戦争難民であった女性たちを

強制連行して売春婦に仕立てたのである


今現在の日韓の性犯罪強姦件数を比較すると

09年の日本では1417件、韓国は1万215件で

日本の8倍以上である


それでも、世界各国に慰安婦「少女像」を

作り続け従軍慰安婦や強制連行が

あったとの執拗な反日政策を展開している


韓国は、この事実を全く認めずベトナムの

被害者女性と子供たちに

一切の謝罪もしていないという


それにしてもこの報道が各TVで

報道されないのは何故でしょうか


たまたま○経新聞を購読していたから

発見出来た記事です

まだ世の中には、この事実を

知らない人も多くいます


日本の慰安婦の問題と韓国の

ライダイハンの問題との決定的な

違いはどこにあるか


それは過去の資料を調べてみましょう





posted by CAMくん at 12:18| Comment(0) | 韓国の問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

吉田清治氏の慰安婦証言を問う

1977年に戦中に陸軍労務報告会

下関支部動員部長で

あったとされる吉田清治氏が『朝鮮人慰安婦と日本人』

(新人物往来社)を刊行し、軍令により

済州島で女性を強制連行して

慰安婦にしたと告白したことから端を発する
二本松市菊人形7.jpg


その後、朝〇新聞が1982年

「朝鮮の女性 私も連行 元動員指揮者が証言

暴行加え無理やり 37年ぶり危機感で

沈黙破る」と報道記載した


さらに吉田氏は1983年7月に済州島で

200人の女性を拉致したと証言する

「私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行」

(三一書房)を出版した


その後、読〇新聞も1987年に「従軍慰安婦とは、

旧日本軍が日中戦争と太平洋戦争下の戦場に

設置した「陸軍娯楽所」で働いた女性が

昭和十三年から終戦の日までに、

従事した女性は二十万人〜三十万人もいた

と報道記載した


そして、「お国のためだ」と何をするのかも

分からないままにだまされ、半ば強制的に

動員されたおとめらも多かった


その後朝〇新聞が再び1991年に

「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」

(植村隆韓国特派員・ソウル発)記事で

元慰安婦の金学順について

「女子挺身隊の名で戦場に連行され」たと報道する



女子挺身隊(じょしていしんたい)とは、

当時の日本が第二次世界大戦中に

創設した勤労奉仕団体のひとつで、

主に未婚女性によって構成されていた

戦時日本の労働力が逼迫する中で、

強制的に職場を配置換えする国家総動員法下の

国民総動員体制の補助として行われ、

工場などでの勤労労働に従事した


1944年8月の女子挺身勤労令によって

14歳〜40歳の日本の女性が動員された



女子挺身隊は女子勤労挺身隊

略して挺身隊ともいう


日本統治下の朝鮮での官斡旋の募集による

挺身隊は朝鮮女子勤勞挺身隊

または半島女子勤労挺身隊とも呼ばれた


まず、ここまででの問題点は

1)女性を強制連行

2)二十万人〜三十万

3)挺身隊は従軍慰安婦であったか


報道されない吉田清治氏の長男の

言動と行動


「父が犯した慰安婦強制連行の捏造について、

吉田家の長男として、日本の皆様に

本当に申し訳なく思っております

できることなら、クレーン車で

世界中の慰安婦像を撤去したい…

父の責任は重大ですが、一方で、

あれだけの創作話を父1人で

できるはずがありません

慰安婦問題を既成事実化したい人々の

何らかの関与があったはずです

父は済州島なんか行っていません

家で地図を見ながら原稿を書いていました」

とのこの長男の証言に日本のメディアは

どう応えるでしょうか


ネットの片隅に、これが昨年の8月に

報道されていた


だから、ほとんどの国民は知らない


日本のメディアは誤った慰安婦問題や

沖縄辺野古移転反対・ヘリパット反対の

正当性に疑問が投げられると、その政治家を始め

それを発言した国民が批判の的としてさらされる


反対する国民もいるなら、

必ず賛成する国民もいます


何故、日本のメディアは一方だけの

報道しかしないのか


それが偏向報道に繋がらないか

秋田の地元の新聞も昨日の新聞で沖縄問題を

取り上げていた


報道の自由、表現の自由を盾にした

一方的な主観報道である


もっといろんな角度での報道を考えるべきだ

国民感情完全無視だと思う

考える余地もない決めつけ報道である


この沖縄問題も、後で取り上げていきたいと思う








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本人なら絶対に知っておきたい従軍慰安婦の真実
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/29時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘 [ 藤岡信勝 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/29時点)



続きを読む
posted by CAMくん at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事