2018年01月07日

横綱の品格とは何か

普通一般社会において品格を感じるとは?

品位がある 品がある人


話や挨拶の印象から感じるところがある

顔立ちから見て育ちが良さそうまたは賢そうなど

その感じ方は様々だ


それは美男、美人、高級品を身につけた

派手さとは違う


品格とは辞書の解説では「その人やその物に

感じられる気高さや上品さ」と書いてある


白鵬の横綱の問われる品格が

モンゴル人にとっては自然体かも知れないし

日本の一般人が感じる日本横綱の品格とは

かなりの相違点があるのかも知れない


では横綱の品格とは何か

もし相撲協会が「横綱の品格とはこうだ」

「大相撲はこうあるべきだ」との定義を

明確にすべきだと思う


白鵬は自分の張り手、かち上げ、

だめ押しなどが品格がないということすら

理解出来ていないかも知れない


ただ勝って優勝回数を増やせば

誰一人も文句と付けないだろうと考えが

あるだろうと思う


その中にはモンゴルと日本との文化と違いが

垣間見られます


ただ、初代若乃花、栃錦、初代朝潮

から貴乃花、武蔵丸、曙、そして

三代目若乃花までの横綱を見てみると

今のモンゴル横綱とは、その立ち会いを

見ても、相撲の流れを見ても全然違うように

感じます


白鵬の今後の相撲内容と言動に

注視したい

a0d75a84f47c39c7b6c835d35ddcc3d7.jpg

続きを読む
posted by CAMくん at 18:55| Comment(0) | 日本相撲協会の改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

横綱○鵬へのバッシングが止まらない

平成の大横綱とまで言われたのが

今や世紀の極悪人にまで成り下がって

しまったのか


張り手、かち上げ(肘打ち)、だめ押しを

多用する  


今多くの相撲好きな皆さんが、こんな相撲は

「見たくない」と言う

ボクは元々こんな相撲は横綱な相撲では

ないと思っていた


ここまで、野放しにしてきた責任は一体誰に

あるだろうか

もちろん師匠の宮城野親方を含めた協会の

責任は逃れられないと思う


ここまで、その言動や品格、相撲内容を

崩した横綱はあのモンゴル横綱朝○龍以外

日本人横綱では誰一人としていなかったと

記憶している


疑惑の星勘定やりとりのモンゴル力士同士の

相撲や、あの稀勢の里か○鵬の優勝かと言う構図に

翌日○鵬の対戦者が貴の岩に○鵬の側近から

何度も貴の岩に電話があったと言う


これに対して貴の岩は決して出ることは

なかったし、これについて貴乃花親方にも

報告しているとのこと

そして、○鵬は貴の岩に屈辱の惨敗をしている


貴の岩にしてみれば「俺はガチンコ相撲で

横綱○鵬に勝ったんだ」と周りに

吹聴したんだろうと思う


幕内にとって横綱に勝つことは

大きな自慢だったんだろうと思う


こう言ったらといっても決して貴の岩を

責める問題でもないと言える


問題はモンゴル力士会の夜の街での振る舞いや

場所前の飲み会に大きな問題

あるような気がする


貴乃花親方は、この事で○鵬に直接説得を

試みたと言う


こんなことから○鵬と貴乃花親方のバトルが

始まっていたかもしれない

ec8dbdc9c8ca65874530cca77e69ebc7.jpg
posted by CAMくん at 11:27| Comment(0) | 日本相撲協会の改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

日馬富士傷害事件について

先ず、この事件の真相とは何か

被害者があり、加害者がいる


人間生きている限り上下関係はつきもの

先輩と後輩、先生と生徒、社長と社員

指導者と教え子、師匠と門弟、親方と弟子など

日本社会には、いろんな人間関係がある


ここで下の者が反抗的な態度を

取ったからと言って相手が何針も縫う怪我を

負わせて良いってことにはならない


日本は法治国家である


ここでモンゴル力士同士だから、相撲の

世界だからと言って済ましてしまおうと

相撲協会にあるのではないか


この事件も貴乃花親方が警察に

被害届を出さなければどうなっていただろうか

表に出ることはなかっただろうと思う

そう言う意味で貴乃花親方の行動は

間違っていなかったのか


その後の相撲協会に対しての一連の行動に

ついてはどうなっていたのか


 貴乃花親方の味方でも擁護しているわけでも

ありませんが、貴乃花は現役時代自分の父親を

親方と呼び、母親女将さんと呼び厳しい稽古に

耐え、私生活までも制限され横綱にまで

上り詰めたことを思うと誰でも

出来ると事ではないと思う

まして日本の相撲協会と言う封建社会の中

稽古一筋に並大抵の苦労と練習量では

なかったと思う

貴乃花親方は常にガチンコ相撲と横綱の品格を

協会に訴えていたと言う話もささやかれています


今回の日馬富士傷害事件では、出来れば

協会ではなかったことにしたかったようです

しかし貴乃花親方の警察への被害届で

マスコミが騒ぎ世間一般に公表されたことに

なります 貴乃花親方が無言を貫いた理由は

知るよしもないが第三者(元力士など)の憶測が

独り歩きしたことが今回の貴乃花親方の

処分にまで発展した大きな要因となると思う

このような話もあるようです

それは日馬富士と豊乃岩の会話は

モンゴル語のためその場にいた日本人は

誰一人解読出来なかったと言う事です


それとモンゴルの上下関係の指導は殴る蹴るが

当たり前だと言う説もあるようです

「これからは俺たちの時代だ」「彼女です」と

答えたのも、その真実はモンゴル力士しか

知らないと言うことになります

前者の場合は「これから私たち若い世代が

頑張ります」と言う意味もあるし、

酒の席でスマホいじっていた貴乃岩に

「誰からだ」「男か女か」とそこまで普通聞くかと

言う感じです 日本人ではあり得ない話です

まず、皆さんは会議などのスマホ着信音禁止の

場合なら別だが酒の席なら日本人なら

当たり前にスマホいじりますよね


ここで、何一つ貴乃岩に謝らない日馬富士の

責任転換も感じられます

大鵬柏戸の時代、初代若乃花栃錦の栃若時代に

多くの名勝負が生まれた

その頃の自分は幼少時代だった

子供ながらにその醍醐味を感じていたし

酔いしれていた

それが、ここ最近の相撲はどうだろうか

何かが違っていませんか

ec8dbdc9c8ca65874530cca77e69ebc7.jpg

a0d75a84f47c39c7b6c835d35ddcc3d7.jpg




























posted by CAMくん at 12:09| Comment(0) | 日本相撲協会の改革 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事