2018年04月16日

朝日の反安部政権・安部政権打倒の異常なる執念は

今、自分は朝日新聞や朝日放送は

一切見ないことにしている


戦後の朝日の論調がなぜ偏るかといえば、

いかに組織の中で上の人間の価値観と

同調して、出世するか、或いは

左遷されないようにするか、ということに

記者たちが腐心しているからである

櫻井よし子氏より



政府の政策や制度づくりのアラを探そう、

アラさえ見つかればそこを徹底的に

報道しよう、そしてそれだけという態度を

かなり強く感じる

堀田力氏


各テレビ局の報道番組の「安保法制」に

おける両論放送時間の比較

◇ニュースウォッチ9
 (NHK)
       賛成32%  反対68%
◇NEWS ZERO
 (日本テレビ)
       賛成10%  反対90%
◇報道ステーション
 (テレビ朝日)
       賛成5%   反対95%
◇NEWS23
 (TBS)       
       賛成7%    反対93%
◇ワールドビジネスサテライト
 (テレビ東京)
       賛成54%   反対46%
◇あしたのニュース
 (フジテレビ)
       賛成22%    反対78%

いかにバランスの欠いた報道しているかが

問われます


※高市早苗総務相は衆院予算委員会で

●放送局が4条に繰り返し違反し、

改善しない場合には電波停止も

ありえると答弁した

●だが放送法は、表現の自由の確保や

民主主義の発達に資することが目的だ

「政治的公平」のように、いかようにも

判断できる条文について罰則を

持ち出すのはふさわしくない

●「政治的公平」は、政治権力と向き合い、

それとは異なる意見にも耳をすまして、

視聴者に多様な見方を示すことで保たれる


高市大臣は何にも間違ったことは

言っていないのに当時メディアから

大バッシングを受けた


メディアは政権政府または政治家個人を

批判できるが、政治家はメディアを批判できないのか


前回に衆議院解散総選挙において

朝日は「大義なき解散を迎えるなら、今回は

有権者が馬鹿にされたことになる」

「森友・加計隠し解散」と言われても仕方がない


朝日と同じように政府を非難している先生たちは

数カ月前は何とつぶやいていたのか? 

小沢一郎氏は「お友達にはベラベラ喋る一方、

国民にはまともに説明しないで逃げ回っている

おぞましい政権によるおぞましい政治は

選挙で止めないといけない」


それが解散を発表すると

「大義など初めからあるわけがない。

総理による権力の私物化を象徴する

『アベノタメノ解散』である」と


小池晃・共産党書記局長は

選挙前は「支持率低下の最大の理由は

安倍首相が信頼できない

内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が

必要と述べました」


解散決まると今度は

「臨時国会冒頭解散、いったい何を問うのか

もともと『大義』とは縁もゆかりもない政権だとは

思っていたがここまでとは」


こんな野党連中です

皆さん信用できますか


まだまだ他の政治家も入れると枚挙に

暇がないほどあります


朝日のくやしげに話している記事が

「若年層 底堅い自民支持」

左翼政党を支持している人は60、70代の

人たちが多いと言うことです


つまり、ネットを見ない人ややれない人の

高齢者が不支持なのです


ボクの子どもたちもそうですが若い世代は

常にネットと隣合わせです

pc640-02.jpgpc640-02.jpg

だから、バランスのとれたネットをみて、

偏向報道かフェイクニュースか自分たちで

判断しているのです

若い世代の方がはるかに知っています



最近の各メディアの著しく過剰なほどの偏向報道が

これ以上続けば、近い将来TV局や新聞の

崩壊・消滅も有りゆると思う


ゆえに日本のメディアも、もっと危機感を

持ってバランスのとれた報道をすべきだ


最後に朝日の社員の皆さんも

マインドコントロールされてるかのように

一丸となって偏向報道に走っています


あなた達は果たして自分の子どもに

誇れますか



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

放送制度概論ーー新・放送法を読みとく [ 鈴木 秀美 ]
価格:4320円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)
















👊元朝日新聞記者の内部告発



posted by CAMくん at 09:40| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

安部昭恵夫人とは果たしてどんな女性なのか

2018年3月2日付の『朝〇新聞』が報じた

「財務省による決裁文書の書き換え疑惑」から

始まった ボクから見ると、またあの朝〇かと

思っている よくもまあこれほど安部叩きに

執念を燃やせるものだ


そして、その矛先は「安部昭恵夫人への証人喚問」と

マスコミと野党はこぞって要求している


当時から多くのマスコミは、

「国有地の大幅値引きには安倍昭恵夫人の関与が

あり、その陰では総理の意向が働いていた」と

いうストーリーを展開してきたのである


そして、次第に今度は「事実関係確認できるのは

財務省だけ」官僚に押しつける首相という

タイトルの記事が出るようになった


マスコミと野党の憶測である

未だに関与の証拠が出ていません


一年近くもの、この議論が続きマスコミや野党の

攻撃にさらされているにも拘わらず


当の昭恵夫人はというと

相変わらずFBで友達申請したり、いいねを

押したりしている

Image10.jpg


待てよ、この昭恵夫人は全く自分のことを

理解していない(?)普通の女性ではないのか


本来ならば、人前に顔など出すことなく、

ひっそりと、ほとぼりが冷めるまで隠れた生活を

余儀なきされるが、この昭恵夫人は違います


安部総理との間に子供もいないし名誉職を

名乗ったのも、ただ単に人との繋がりを

持ちたいだけなのかも知れない


学歴コンプレックス(?)

専門学校卒の昭恵夫人は確かに

あったかもしれない


その後、社会人入試で立教大学大学院に入学した

その過程でミャンマーの農業支援に夢中になり、

「土」に異様な執着を見せることとなった


昭恵夫人が自ら経営する山口県の有機農産品を

使った居酒屋「UZU」の開店計画を試みたのも

この時期である


そして異様な「土」への固執が・・・・・・

脱原発運動への傾斜、安部総理より早い

真珠湾単独訪問、三陸の防潮堤反対

そしてあの問題の医療大麻解禁を訴えると

言った多くの言動と行動


そして総理夫人が被災地でバーベキューを

するという昭恵夫人の発案で

多くの人が集まったと言う


総理夫人の自覚はあったかと言うと

それはあったと思う あったからこそ

いろんな名誉職も引き受けたと思う


が、ちょっと待てよ

こんなノー天気な女性が果たして安部総理と

一緒になって国有地の大幅値引きに

加担しただろうか


いやボクは全くなかったと思う


安部昭恵夫人が、たとえば国会の

証人喚問を受けたとしよう


野党の質問に答えられないこれはNOである

泣いて答えることが出来ない

これもNOである


ということは質問内容とは、全く違う安部夫人の

自己の世界に陶酔した意味不明な内容の

ものを答えるであろう


これはメディアと野党の総理と総理夫人が関与したと

憶測だけで攻勢を強めているこの人たちと

同じ自分の憶測である(笑)








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森友・国有地払下げ不正の構造 [ 小川敏夫 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/4/4時点)













[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件 [ 佐高 信 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/4/4時点)




posted by CAMくん at 17:53| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

何故日本の報道メディアは偏向報道を繰り返すのか

2017年は、殆どの日本のメディアが

そのニュース番組やワイドショーや

バラエティー番組で偏向報道に

走った一年だった


表現の自由、報道の自由の元に、これ程の

偏向報道が許されていいものでしょうか


中でも○日新聞と○日放送の報道が

あまりにも酷い偏向報道である

hdk97a.jpg

_MG_7056s.jpg




かつては福島原発事故に関しての○日新聞が

報じた偽りの吉田調書である


所長の命令に反して福島第一原発所員の九割が

撤退したとの○日新聞の報道ではあったが

その後吉田所長の指示に違反して

撤退した事実がなかったことが判明した



あの虚偽の吉田清治氏の慰安婦報道も

〇日新聞は、「慰安婦を強制連行した」

という吉田清治氏の虚偽証言を

30年以上も放置し、

日本と日本人の名誉と尊厳を傷付けた


一連の批判に耐えきれず、朝日新聞は14年に

なって、ようやく吉田証言を虚偽と判断し、

それらの記事を撤回したしたのである


本来ならここで終わる話だが、吉田証言は

生き続け、世界各国に次々と設置される

慰安婦像の説明文に憑依して、

国際社会で現在もなお増殖しているのだ


韓国で20万から30万にも性奴隷が

慰安婦そのものであると世界に

拡散し続けているのである


この記事を記載し続けた〇日新聞の大罪は

誠に大きいものだと思う


〇日新聞の、このことについての謝罪は

あっただろうか


吉田清治氏の長男が「父が犯した

慰安婦強制連行の

捏造について、吉田家の長男として、

日本の皆様に本当に申し訳なく思っております

できることなら、クレーン車で世界中の

慰安婦像を撤去したい…」と述べている


あの1989年4月20日の夕刊に沖縄の

西表島で起こった

「朝日新聞社・珊瑚落書き事件」もあった


それは沖縄・西表島には世界最大の貴重な

珊瑚礁があるが、誰かが落書きをしたと

いう内容であり、写真付きで掲載

その珊瑚には「K・Y」と書かれており、

いったい誰がこんなことをしたのか、

精神の貧困なすさんだ心の人の犯行だと

書かれていた


その後朝日新聞は、5月15日には記者会見が

開き「カメラマンがちょっとこすっただけ」と

行き過ぎた取材を謝罪

ちょっとこすっただけ?は

ちょっと魔が差しただけと似ている

これだけで許せることでしょうか



その他細川内閣が成立した1993年10月、

産経新聞にある記事が掲載された

その記事は「テレビ朝日報道局長椿貞良氏が

『小沢一郎氏のけじめをことさら

追及する必要はない

今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、

反自民の連立政権を成立させる手助けとなる

報道をしよう』という趣旨の発言を

したという内容

これは非自民連立政権が発足させるように、

印象操作を行ったとも取れる発言だった


マスコミ報道は中立性を保たないといけないと

いう放送法に触れるかのような発言であり、

このテレビ朝日椿氏の発言は

大きな波紋を呼んだ


このようなマスコミの印象操作によって

与党の支持率低下や政権交代もありゆるが


最近のネット社会で、その闇部分が

暴かれている可能性もある

よく懲りもせず何度もやるもんだ




















posted by CAMくん at 08:51| Comment(0) | 日本メディアの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事