2018年01月15日

日本の自衛隊がソマリア沖とアデン湾で海賊の襲撃から守る

日本の自衛隊が自国を守るばかりではなく

世界に国際貢献する


各国の商船を海賊の襲撃から守るために

空と海から監視

空にはP3C哨戒機が海上監視には護衛艦

「あまぎり」が


欧州とアジアの中間に位置するアデン湾には

年間通過する船舶は2万隻

その中で日本の商船は1割である


ソマリア沖はイスラム過激派の海賊の出撃拠点で

武装集団が乗組員を人質にし、身代金を

要求したり、商船を乗っ取ったりが

日常茶飯事であった


日本の自衛隊はいつも命懸けの精神で

頑張ってくれています

災害時の人命救助はもちろんです


一日も早く憲法に、その存在感を

明記してもらいたいものです


自衛隊員の皆さん頑張れ!


下記画像は著作フリー画像です
ソマリアとアデン湾の監視自衛隊の
それとは関係ありません
ご了承下さい

63534582.jpeg

66336145.jpeg
posted by CAMくん at 17:18| Comment(0) | 素晴らしき自衛隊の姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

日本国民を守る抑止力とは

今、もし北朝鮮が日本にミサイルを打ち込んだら

このミサイルを打ち落とすことが出来るのは

海上自衛隊のイージス艦に積んでいる

SM3というミサイルロケットだけです


しかし、最高高度は500キロまでと

されています


北朝鮮が発射実験で使用した火星12は

高度800キロなので、SM3は届くはずもない


残念ながら、この高度までの改良型は

開発されていないのです


では解決法は何か

日本を助けてください

何でも言う事を聞きます

貴国のミサイル開発に協力しますからと

命乞いが出来ますか


日朝国交正常化交渉や拉致問題も

裏切られ、日本も多額のお金をつぎ込んだが

未だに未解決のままです


こんな独裁、共産国に話し合いなんて

何の意味があろう


先日ある中年女性と今回の衆議院選挙について

話し合う機会を得た


「今の安倍首相、自民党は戦争するから嫌だ」と

言った ボクはこの女性の知識の無さに驚いたが

これはメディアや各TVの偏向報道の影響を

受けているからと思った


もし、この女性がネットを見ていたら

こんな事をいうはずもない


さらにこの女性は「自民党が嫌なので、希望の党に

投票します」と付け加えたのです

開いた口がふさがらないとはこの事です


何故なら、小池新党候補者は安倍一強政治、

森友加計問題に終始批判に徹しています


それがどこに問題があるのか、憶測だけです

この新党も民進党議員を排除したように

憲法9条改憲賛成なのです


でも、街頭演説では、このことにほとんど

触れる事はない


毎日購読している新聞の読者の声を

記載している欄にまだ選挙権もない女子中学生が

現在の衆議院選に対して訴えていた

それは街頭演説を聞いたとき「他の党の批判ばかりで

北朝鮮の問題や他の外交問題もしてほしい」と

何ともはや中年女性よりもしっかりしているでは

ないか


では日本を北朝鮮の核攻撃から守る方法は

あるのか、残念ながら北朝鮮のミサイル基地の

位置情報の把握、それを守るレーダーサイトの

無力化と誘導ミサイルの攻撃能力に必要な

装備体系を現在の日本は持ち合わせていないのだ

迎撃ミサイル.jpg

これで日本は守れると思いますか



posted by CAMくん at 20:57| Comment(0) | 素晴らしき自衛隊の姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

国民を命がけで守る自衛隊員に感謝

今日はお盆で里帰りや国内海外へ

旅行しているご家族も多いと思います

でも、忘れてはならないと思う



北朝鮮がグアム沖に弾道ミサイルの発射を

表明したため一部の日本の上の通過ルートの

危険のため日本の中四国4県の

陸上自衛隊駐屯地に

空自の地対空誘導パトリオット(PAC3)を配備した

誤って日本にミサイルのや一部の部品が落下を

迎撃するためだ。
迎撃ミサイル.jpg


国民のほとんどが盆を迎え、家族と過ごしている間

自衛隊の皆さんは「国民を命がけで守る」態勢に

入っている 家族と楽しく盆を過ごすことなど

考えずに緊迫した状態の中にいる

本当に感謝の念に堪えない


ほか日本海にイージス艦の海上型迎撃ミサイル

(SM3)で大気圏外で迎撃し、撃ち漏らした場合に

PAC3が高度数十キロの上空

で迎撃する二段構えをとっている


北との話し合いなど土台無理である

側近・家族・親戚・元カノ・妻の同僚

「脱北」…逃げれば問答無用で射殺など

残虐性が一際目立つ


それにしてもこんな米と北が戦争に

なるかも知れない時に


日本の政治はどこ吹く風

国会では南スーダン国連平和維持活動(PKO)の

日報問題をめぐる取り上げ

菅義偉官房長官の記者会見では、

学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の

獣医学部新設に絡み、一部メディアの記者が

同趣旨の質問を連発するおなじみの光景が

繰り広げられた


野党の諦めきれない安倍内閣打倒が

ひしひしと伝わって来る


解党寸前の民〇党どちらが代表に

決まったところで国民の支持は受けないと

思う お粗末だった民主党時代を

鮮明に忘れないから

代表選もしっかりした政策を打ち出してから

共〇党との共闘に踏み切るのか

踏み切った時点で、この党は完全に終る

そして、保守系に近い議員の離党が相次ぎる







posted by CAMくん at 08:39| Comment(0) | 素晴らしき自衛隊の姿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事