2019年09月15日

宮城曲「春の海」の難しい曲に挫折感


22歳で野口裕子先生(現秋田県芸術文化協会会長)の

元で和楽器箏の素晴らしい旋律を習い、


その後宮城会大師範大庭景子先生に師事


そしてまた、仕事の関係で野口裕子先生に戻り、

地元に帰って来て平田正子先生に師事


自分の結婚式には平田正子先生から

箏曲の演奏して頂きました


そのしゃにむに練習した17年間の間

家内も箏を習い始め二人で

合奏した事もあった


長女も誕生して「お父さん江梨花も箏やりたい」と

毎日学校から帰ると指導していた


自分で箏で弾く古曲→宮城曲→ポピュラー→ジャズ

→フュージョンと移り

まずは映画音楽の楽譜を

購入して独学でたくさんの曲を弾いていた

ありとあらゆるジャンルのレコードも

購入し毎日聴きあさっていた



そして、朝日放送の報道ステーションで

米国出身の日系三世和楽器グループ

「HIROSHIMA」の演奏に

強い衝撃を受けた


自分も将来は、こんなバンドを

組みたいという夢を持つ


そして、そのはかない夢は映像制作の

仕事を始めた時点で徐々に散っていった


その後30数年間二つの箏を二度と

弾く事はなかった


一つは知人に譲った


もう一台のの箏も処分しようか考えていた


でも昨年6月から思い出したように

箏を弾きたくなった




それはYou Tubeで大平光美先生の

「Fly me to the moon」を聴いてからだ


それで宮城会直門師範出雲さとみ先生の

門を叩く


「私は古曲しか弾きません」

でもその先生の箏の技法は素晴らしく

奥深さを学び徹底指導を受ける


そして、FBで知り合った山路先生から

古曲をしっかり弾きこなせれば

ポップスは楽に弾けますと言われた



でも、今その古曲の技法を用いていない

全く新しい技法の「春の海」の曲に

挫折している

技法が難しくなかなか弾きこなせないと

言う壁に当たっている


乗り越えられるだろうか


DSC_0130.JPG

DSC_0131.JPG

DSC_0133.JPG

DSC_0138.JPG

DSC_0141.JPG

DSC_0143.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0147.JPG

posted by CAMくん at 09:57| Comment(0) | 箏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

箏曲「春の海」を猛練習

I'm practicing a koto strenuously.


8月中は箏曲の練習日はなし

出雲先生もお盆休みに入っています


自分の仕事でのお盆休みはなかったが

やっと最近になって「春の海」の猛練習が

出来るようになった


何ヶ月、何年かかってでもこの曲と

「瀬音」だけは暗記できるくらい練習したい


そして「瀬音」は次男の結婚披露宴のとき

父親の愛情表現として弾きたい


居間で筝曲1.jpg

居間で筝曲2.jpg

居間で筝曲3.jpg

居間で筝曲4.jpg

居間で筝曲5.jpg


🎥春の海(フルートとピアノ)



















posted by CAMくん at 07:10| Comment(0) | 箏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

秋田県三曲連盟講習会に参加して

I'm impressed with koto music once more.


箏曲を再び始めて2度目の感動

益々好きになる


素晴らしき日本の旋律を再認識する

藤原道山先生(尺八)岡本慎太郎先生(箏・三味線)

野口裕子先生(胡弓)


春の海・AMAZING GRACE ・湖辺の夕・残月


春の海は宮城道雄先生が

昭和4年(1929年)末に作曲した


上京する際に航路で旅した瀬戸内海を

イメージして描いている



技法は「左手三本と右手三本」

「古曲手法使っていない」「アルペジオ技法」

「西洋音楽取り入れた新しい技法」

「箏か尺八か入れ替わりの強調」



中学の頃からの憧れの曲です


完璧に演奏したい


猛練習が始まる



KIMG1384.JPG


KIMG1380.JPG


DSC_0544.JPG


DSC_0546.JPG


KIMG1374.JPG















🎥春の海(フルートとピアノ)










posted by CAMくん at 12:51| Comment(0) | 箏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事