2020年08月11日

終戦に思いを馳せる(フィリピンバイ事件の真相)

この事件は歩兵砲大隊の一人と警備員14名が

フィリピンラグナ州ロスパニオス駐屯へ

トラック一台に乗って出発し

バイ町の橋に差し掛かった時に

当時のバイのフィリピンゲリラ部隊の

手によって橋が破壊され全滅したこと

から端を発する


その報告聞いた日本軍司令部は

激怒し、米軍兵器で武装した

バイ住民ゲリラの根拠地と

なっていたせいもあってか

バイ住民全員を射殺殺害した

 
 終戦となり、このバイのゲリラ討伐が

「虐殺事件」と決めつけられ、

5人の上官が処刑されたのである


中でも大館市出身の「工藤忠四郎大尉」は

明らかに冤罪としか言いようがなかった


当時彼はアラミノスと言う所に

いたにも拘わらず、人民裁判的な

現地住民の曖昧な記憶にの証言に

より首謀者の一人としてモンテンルパの

刑務所で第一号として処刑されたのあった
 
 

 1948年8月13日 刑務所独房で

書かれた彼の遺書から 妻と子どもたちへ


「私はお国のために死んでいくのだから

決して恥と思ってはいけない

兄妹仲良く母を大切に・・・・・」
 
 

 キリノフィリピン大統領へ

「バイ事件の命令起案者として自分と

共に死刑を宣告されている戦友は

無実である」と

 
 今13階段の死刑台に上がる直前に

戦友を死の渕から救い上げようとする発想が

出て来るとは・・・


彼の立派な遺書と見事な最期に感動した

現地の新聞マニラプレスは一面を費やして

これを報じたものでした


そして、1952年7月21日彼の親友であり

あの名曲「モンテンルパの夜は更けて」の

作曲者伊藤正康氏は他5人の遺骨と

共に帰国してバイ事件は集結した


 
 彼は死刑台に上がる直前に

「フィリピン万歳、日本万歳と

フィリピンと日本を友好を望む」と

深々と頭を下げた



父の生前冤罪で処刑された工藤大尉

長男博康氏が横手の東北電力所長を

していたことから私の家に

何度か来たことがある


今も私たちは年賀状のやりとりはしています。

 
 下記は当時のバイ町長と私の父たちです

バイ小学校で自分は英語で日本の文化を

紹介した


私の父が二度目のフィリピンの訪問で

その想いを詩吟に託した

私が筝を弾き尺八奏者と一緒に慰霊祭で

よく父が吟じていた


フィリピンにて1.jpg

フィリピンにて2.jpg

フィリピンにて3.jpg

フィリピンにて4.jpg

フィリピンにて5.jpg

🎥【フィリピンマニラ】冤罪の悲劇無実の叫びより
 (モンテンルパ刑務所)Philippine Manila

モンテンルパ刑務所.jpg

🎥【フィリピンマニラ】市内を散策
 (リサール公園・サンチェゴ要塞)

フィリピンマニラ.jpg










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太平洋戦争の名将たち (PHP新書) [ 歴史街道編集部 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2020/8/11時点)













[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バーゲン本】バターン死の行進 [ マイケル・ノーマン 他 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2020/8/11時点)












posted by CAMくん at 07:31| Comment(0) | 終戦記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

靖国へ帰れ!(Yasukuni Shrine)


靖国へ帰れ!(Yasukuni Shrine)

終戦日間近思い出す

私の父(享年86歳)は軍医として

満州に3年フィリピンに5年いた


九死に一生を得て無事帰還したが、

その間何百、何千、何万もの戦友を

亡くした


特にフィリピンへは昭和58年から2度墓参と

遺骨収集のため私と叔父を連れて行った


靖国へは2015 年9月娘が結婚のため、

家内と訪れている

それ以来ずっと玉串を奉納している


 私の父は軍医だったためアメリカ軍敵地や

フィリピンゲリラ部隊へ自ら攻撃することは

なかった


負傷兵を助ける事が使命だったため、

いつも後方で日本兵数十名に囲まれていた

「軍医は100名の負傷兵を救う」

これが理由だったらしい


しかし私の父にしてみれば

父を守るため不用意に流れ玉に当たって命を

落とした日本兵も少なくなかったと

言っていた


それが心残りだったため、帰還して私が成人に

達してから私と一緒に県内で

知っている限りフィリピンで

亡くなった戦友の墓参りに行ったものでした


 父の戦時中の功績と言えば

「難産で苦しんでいる現地フィリピン女性を

救った」ことである


終戦近くとなり食糧も底をついた頃

現地ゲリラ部隊に

殺されるかも知れない時に

一羽の鶏をもらうために

村に入り一人の難産の女性を救ったのだ


でも村人がその時日本兵の存在を

知ったことから父の上官が村人全員の

虐殺命令を下した


私の父はその上官の判断を察知してか

父の当番兵に依頼して現地住民を

逃がしたのである


だからこのサンタクララの住民は

一人も殺害されることはなかった



 1885年父と叔父と私が初めて訪れた時

は「ドクターオノ」と現地住民に

大歓迎を受けたものでした


このエピソードは今も、ここサンタクララの

学校の教科書に載っているとのことです

今の現地の子どもたちにも英雄ドクターオノと

して語り継がれているという事は

我が家の永遠の誇りでもある




靖国神社2.jpg

靖国神社1.jpg

満州1.jpg

満州2.jpg

難産の女性を救う.jpg

フィリピンで.jpg

🎥フィリピンマニラ】市内を散策
 (リサール公園・サンチェゴ要塞)

フィリピンマニラ.jpg


🎥【フィリピンマニラ】冤罪の悲劇無実の叫びより
 (モンテンルパ刑務所)Philippine Manila

モンテンルパ刑務所.jpg





















posted by CAMくん at 15:02| Comment(0) | 終戦記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事