2019年09月18日

’80年代に登場したHIROSHIMAと言うバンドは


The band which says HIROSHIMA.

The person who takes

an interest see You Tube, please.


若い頃憧れていた全米に衝撃を与えた日系三世バンドは

’80年の時代の幕開けに今世界中が注目!!

感激です


続々とYou Tube を発見!現在も活躍中か!

2009〜2016年公開ライブ映像あり。



当時の箏奏者June Kuramotoの画期的演奏は

世界から 注目されていた


おや尺八と和太鼓奏者がいない?



生バンドのライブ映像とプロモーション映像を

作りたい




DSC_0159.JPG

DSC_0157.JPG

DSC_0155.JPG












🎥Hiroshima - One Wish



🎥Hiroshima - Hawaiian Electric



🎥Hiroshima Band Live At Red Cat Jazz Festival
          On Meeko TV






posted by CAMくん at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

FB,Instagramをビジネスに変える

Facebook Marketinng Bootcamp


FB,Instagramそして、全てのSNSを

ビジネスに変える


動画投稿の重要性

クオリティの高い動画制作ではない

短い動画の中には

惹きこまれるインパクトがあり

物語があります


自分の今までの撮影、編集方法は

全て変えます。参考になりました


DSC_0045.JPG

DSC_0060.JPG

DSC_0089.JPG

DSC_0025.JPG




🎥https://www.facebook.com/100014716779319/videos/pcb.674655453035008/674653283035225/?type=3&theater

🎥https://www.facebook.com/100014716779319/videos/pcb.674655453035008/674653786368508/?type=3&theater
posted by CAMくん at 07:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

大好きだった中学恩師からの手紙が

 お元気でご活躍の由

ときおり風のたよりに

耳にいたしましては、やっぱりと

かげながらよろこんでいました


 この度のお祝いの会、出席できずに

申し訳なく思っております。


悟さんから、それはきついお叱りを

受けました。


 はじめに理由をはっきりさせれば

よかったんですが

こじつけの弁解ととられるのが嫌で

黙っておりましたがー。

 
 実は毎年お正月とお盆には

山形の主人の実家でちょっとした行事が

あり、父母も高齢で健在なため

どうしても欠けらない義理もあって


今年も山形へ出向いて

留守にしておりました。


 成人式のときも、ちょうど同じ頃で

失礼を重ねてしまいました。


教育の場もあなた方の時代とは

大きく変わって、一年ごとに

騒々しく厳しい世の中になり、

不器用な私など、あるのは誠意と

意欲だけで忙しい忙しいの毎日です


 でも、その忙しさが教育にたずさわる私の

一つの生きがいとになっているのかも

知れません。そう心の片すみで自分を

納得させるからあなた方と共に

過ごしたあの時の気力でがんばっております


悟さんから「もう自分たちのことは

忘れたのでは・・・」とおしかりを受けましたが

私にとっては、雄中で初めての卒業生である

あなた方を忘れるはずがありませんのにー。


 写真を見てびっくりしました。

あの明るく輝いていたかわいいあなた方が

私なんかより、ずっとかんろくがあって

りっぱにすてきになられて、しかももう

33歳になろうとしているなんて・・・・・。


なんだか過ぎ去った月日の重みを

痛感いたしました


あれから17年近くたちますが、あんなに

最高にすばらしいクラスはなかったように

思います。


 あの15歳のころのきらきらしていた一人一人の

プロフィールがなつかしい雄中の思い出と

いっしょに私の胸の中に、その想いを

とどめております。


 あなた方とお会いできずほんとうに残念でしたが

このように思い出の中でそっとお会いしていることで

今までの失礼をお許しいただけますでしょうか・・・。


 くれぐれもおからだには気をつけられて

ますます御活躍なされますよう、かげながらお祈り

いたします

                 塩田 和〇
昭和59年9月



前略

〇写真ありがとうございました。

みなさんあまりりっぱになられていて

びっくりしました。

これでは道で行き会ってもちょっとわからないかもと

おもったりもします。

〇係りのお仕事ほんとうにご苦労様です

中学校時代のいたずらっこのあなたが

クラスの中心になってやって下さっているなんて

すばらしいと思います。

〇同封しましたみなさんへのメッセージ?

こんなんでいいでしょうか。本当は

弁解したくないので、あまり気が

すすまなかったのですが、あなたの献身的な

心情に申し訳ないと思いしたためました


 いつも忙しい忙しいばかりで申し訳ありません

お許し下さい。

では右おわびまで

悟さんへ


中学修学旅行.jpg


先生は想い出と初恋の女性でした


女性を愛する事を知らなかった自分は

塩田先生がボクに対しての深い愛情教育を

感じていた。


英語の先生であったためか

自分も常に英語がトップクラスの成績でした


英語を頑張る。英語テストは常にトップ

これが、先生に対する自分の愛情表現だったと

思う。中学2年間毎日学校に行くのが

楽しみでした


でも、随分と先生を困らせたことも

あったように思う。


それはいわゆる先生に自分の方を

向いてくれと言う叫びだったのかもしれない


 あれから52年の歳月が流れました

中学を卒業して高校を卒業して

一時期働いていた時数回程先生とお会いしたことが

ありました。ボクが大学にいかなかったことを

凄く心配してくれていました。


結局は先生の期待通りには生きて来れなかったと

思う。でも今は温かい家庭に包まれているのは確か。


まだまだゆっくりと余生を

送れる人生ではないが・・・・


その後47年間一度もお会いしたことがありません

私たちと10歳上だったとして今は80歳近い年齢に

達しているでしょう。


もう一度会いたい。会いたい。でも・・・・・・。


私たちも変わったが先生も随分と変わっただろうと

思います。あの中学校の時のイメージのままで

想い出として、そっとしまっておきたいとも思う

posted by CAMくん at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事