2018年01月31日

何故日本の報道メディアは偏向報道を繰り返すのか

2017年は、殆どの日本のメディアが

そのニュース番組やワイドショーや

バラエティー番組で偏向報道に

走った一年だった


表現の自由、報道の自由の元に、これ程の

偏向報道が許されていいものでしょうか


中でも○日新聞と○日放送の報道が

あまりにも酷い偏向報道である

hdk97a.jpg

_MG_7056s.jpg




かつては福島原発事故に関しての○日新聞が

報じた偽りの吉田調書である


所長の命令に反して福島第一原発所員の九割が

撤退したとの○日新聞の報道ではあったが

その後吉田所長の指示に違反して

撤退した事実がなかったことが判明した



あの虚偽の吉田清治氏の慰安婦報道も

〇日新聞は、「慰安婦を強制連行した」

という吉田清治氏の虚偽証言を

30年以上も放置し、

日本と日本人の名誉と尊厳を傷付けた


一連の批判に耐えきれず、朝日新聞は14年に

なって、ようやく吉田証言を虚偽と判断し、

それらの記事を撤回したしたのである


本来ならここで終わる話だが、吉田証言は

生き続け、世界各国に次々と設置される

慰安婦像の説明文に憑依して、

国際社会で現在もなお増殖しているのだ


韓国で20万から30万にも性奴隷が

慰安婦そのものであると世界に

拡散し続けているのである


この記事を記載し続けた〇日新聞の大罪は

誠に大きいものだと思う


〇日新聞の、このことについての謝罪は

あっただろうか


吉田清治氏の長男が「父が犯した

慰安婦強制連行の

捏造について、吉田家の長男として、

日本の皆様に本当に申し訳なく思っております

できることなら、クレーン車で世界中の

慰安婦像を撤去したい…」と述べている


あの1989年4月20日の夕刊に沖縄の

西表島で起こった

「朝日新聞社・珊瑚落書き事件」もあった


それは沖縄・西表島には世界最大の貴重な

珊瑚礁があるが、誰かが落書きをしたと

いう内容であり、写真付きで掲載

その珊瑚には「K・Y」と書かれており、

いったい誰がこんなことをしたのか、

精神の貧困なすさんだ心の人の犯行だと

書かれていた


その後朝日新聞は、5月15日には記者会見が

開き「カメラマンがちょっとこすっただけ」と

行き過ぎた取材を謝罪

ちょっとこすっただけ?は

ちょっと魔が差しただけと似ている

これだけで許せることでしょうか



その他細川内閣が成立した1993年10月、

産経新聞にある記事が掲載された

その記事は「テレビ朝日報道局長椿貞良氏が

『小沢一郎氏のけじめをことさら

追及する必要はない

今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、

反自民の連立政権を成立させる手助けとなる

報道をしよう』という趣旨の発言を

したという内容

これは非自民連立政権が発足させるように、

印象操作を行ったとも取れる発言だった


マスコミ報道は中立性を保たないといけないと

いう放送法に触れるかのような発言であり、

このテレビ朝日椿氏の発言は

大きな波紋を呼んだ


このようなマスコミの印象操作によって

与党の支持率低下や政権交代もありゆるが


最近のネット社会で、その闇部分が

暴かれている可能性もある

よく懲りもせず何度もやるもんだ




















posted by CAMくん at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

運命の出会いとは?

この広い地球の片隅で二人は

赤い糸で結ばれていた


永遠の愛を求めて二人は一生涯をかけて

共に生きていきたい


Endless Love.

Love is forever.


これはボクが若い頃ブライダルビデオ撮影の

仕事をしていたときの仕上げ映像の出だしの

タイトルです


ボクは30代から今まで多くのカップルの

幸せの瞬間を撮影してきた

  
そして、結婚そのものが二人の終着駅では

ないことを知っている


一緒に生活することにより、相手の欠点が

見え、嫌気が差し別れてしまう


一緒にいる時間が少なく、よく芸能人に多いが

すれ違いが多く別れしまう例もある


どっちかが不倫をして別れしまうケースも


これらの別れは運命の出会いでは

なかったのでしょうか


PAK99_tewotunaidadanjyo20140301_TP_V4.jpg


運命の出会い=結婚=幸せ?


この人と一緒になって良かったと思えるような

夫婦って一体この世に何組いるだろうか


男女の出会いは様々な出会いがある

婚活、紹介、偶然、幼なじみ、仕事場など


中では猛烈にアタックする人


灯台もと暗し、こんな素敵な人が近くに

いたなんてと気付き始めてから


会った瞬間「運命の人だ」とビビィッと来る人

一回諦めてかけた人と再び結ばれる人


再会で結ばれる人など結婚までたどり着くまで

いろんな経緯があると思う


※しかし、運命の人に出会う前に必ず起きる事

1)彼や友人┉ 別離
 仕事でリストラ、住んでいる場所を

 離れるなどいろんな別れが来ます


2)疎遠になっていた人┉ 数件から連絡が来る
 面倒な誘いを受ける そして、この誘いは

 これからの人生の指針を与えてくれる人です

 それにいち早く気が付く事です


3)偽運命の人┉ 最低な人と出会う
 本物の運命の人との出会いが近いと言う事

 本物の運命の人に出会うまでは傷つく事を

 恐れず、たくさんの人と、どんどん会いましょう




posted by CAMくん at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

日本は自ら自国を守れ!

2月9日から始まる平昌五輪への

北朝鮮選手の参加のため

北が韓国に対話を要求


しかし、非核化は一向に進まない

北は声を荒げ「われわれが保有する水爆や

大陸間弾道ミサイルは米国を狙ったもので、

韓国や中露に向けたものではない」と


今まで韓国に対しての挑発的な言動は

何だったろうか


まあ、五輪が終了するまでは核やミサイル発射

は無いだろうと推察します



問題は中国である

防衛省が10日から11日にかけて中国潜水艦?が

尖閣接続水域を潜没したまま航行という見出しが

某新聞が掲載した



日本の菅官房長官は

「中国側が日中関係改善の流れを阻害する事が

ないよう強く求めたい」と


一方中国外務省は「海自の艦艇2隻が

接続水域に入り、中国海軍が日本側の

活動を追跡と監視した」と主張している



ここで分からないことがある


領海とは
※海の領土ですが、12海里までで外国の船は

安全を害さない範囲で運航する権利がある



接続水域とは
※領海の外側24海里内で密輸、海警、

漁政といった怪しい船が近づいてくると

日本は「領海に近づくな」と警告、

監視出来る



排他的経済水域とは
※領土から続く200海里向こうまでの

一番範囲の広い場所で漁業資源や

レアメンタルやメタンハイドレートと

言った鉱物資源などに関してのみ

日本の法律が適用出来る

注意:1海里=1852m


どちらにせよ領海においてはどこから

どこまで私たちの目には

はっきりとしないのが現状である


ただ問題は中国潜水艦の接続水域の航行が

問題なのである


尖閣諸島の中国の上陸も

間近かという説もある


北の日本人拉致被害者の救出も

安部首相の他国への拉致問題理解も

もちろんだが、我が国独自で出来る事は

ないのかと思えてくるのである


「政府の本気度信じたい」と拉致被害者家族に

対して加藤勝信拉致問題担当相は「一刻も早く

被害者を救う」と約束したという

めぐみさん拉致から40年以上も経過したにも

拘わら何故こんな簡単な事が言えるんだろうか

私たち日本人は拉致被害者救出を

諦めていないだろうか


もしかして、北の崩壊や北と戦争にでもなって

アメリカや日本の攻撃によって

救い出すことは出来ないのか

待っているのではないだろうか


拉致被害者の救出にも現行の日本憲法改正が

不可欠だと思う


朝鮮の慰安婦問題があったから

拉致被害者なんか同じレベルだと

思われているかも知れない


よって大東亜戦争での日本の悪のイメージや

捏造された慰安婦や南京大虐殺の真実



最近では軍艦島での韓国労働者の強制労働など

あまりにも日本への誤った悪行の数々が

世界に拡散され続けている


こんなことが日本のこれからの世代に

残していいんでしょうか


確かに安部首相が政権を担ってから

少しは変わったが日本の世界に対しての声明と

主張が足りないと思う



余談だがフィリピン戦線に参加した父(享年86歳)が

現地の難産に苦しんでいる女性を助けたことは

我が家の誇りとなっているが



これには、もうひとつの事実がある


そのときの上官が日本兵がアメリカの反撃から

後退していたときのことだったので

フィリピンのゲリラに攻撃されるのを


恐れ現地住民の全員の殺戮を計画したという


しかし、私の父の部下がいたたまれず

現地住民に密告をして日本兵が攻撃しようと

行ったときもぬけの殻だったとのこと


戦争とは殺すか殺されるかだと

言われているが死の極限に立たされたとき、

その理性で抑制出来るかが問題だ

断片的な話だけではなく、証言者によって

その前後の事実も調査しなければ

分からないこともたくさんあるのでは

ないかと思えるのである


よって戦争の事実を

しっかり検証すべきであると思う






















続きを読む
posted by CAMくん at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事