2018年03月01日

母親から家内に受け継がれた味

羽後町の道の駅に行って来ました

高級品「ひろっこ」を買いました


さっそく酢味噌あえにして食べました
IMG_20180228_185624.jpg

最近は先の「川がにの味噌」や「まつも味噌」

などの、とても美味しく感じるように

なりました
FB_IMG_1519862282596.jpg

FB_IMG_1519862028875.jpg

残念ながら次男は食べません


自分の子供の頃はというと

母親の作ったものは、ほとんど残さず

食べたような気がします


父親の口癖は「米、野菜、果物などは

お百姓さんが丹精込めて作っているんだから

残さず食べなさい」と

だから自分たちの子供の頃は出されたものは

残さず食べていたように思う


おそらく、今の若い世代の皆さんは、

このような味つけ食材は見たことも

食べた事もない人が多いと思う


まして作れるなどあり得ないことです

高齢になればなるほど、こんなものが

好きになって来るんですよね

そして、それに懐かしさも出て来るんです








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焼まつも(岩手県産)
価格:800円(税込、送料別) (2018/3/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焼きまつも 半切り2枚入
価格:939円(税込、送料別) (2018/3/1時点)









🎥道の駅うご(端縫いの郷)オープン記念


🎥Bean paste of a river crab /
  我が家の川かにみその作り方HD
posted by CAMくん at 09:38| Comment(0) | 大好きな家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

娘から届いたバレンタインチョコレート

今は、こんな事が出来るんだ

もったいなくて食べれません

IMG_20180215_090705.jpg

IMG_20180215_090310.jpg

時代も変わったなぁ〜

とつくづく感じるようになりました




posted by CAMくん at 09:39| Comment(0) | 大好きな家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

孫を一生涯守り続ける祖父母

長男の子どもが二人そして、長女の

子どもが一人


自分が福島で働いていた1年と8ヶ月間、

思い出すのは孫の顔ばかりでした

孫に会いたい 会って頬擦りしたい

DSC_1236.JPG


そのとき孫が家に来たとき、いつも言った言葉は

「じじいないの」だったそうです


遠方福島から、その話を聞いたときは

涙が溢れんばかり


その時は、まだ孫一人でしたが、今は

三人の孫に囲まれている


子どもより孫の方が可愛いと言う人も

いるが、その愛情を量りに掛けることなんて

出来ない


この孫たちも今後どんな人生を

歩んでいくんだろうか


事故や災害に遭わずに、ただ健康で素直に

育ってほしい


じじとばばに出来ることは君たちを

一生涯守り続けて行くことだけである















posted by CAMくん at 09:41| Comment(0) | 大好きな家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事